アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

管理職になりたい人が少ないらしいから、チャンスだよね。

現在、管理職ではない人で管理職になりたくないと答えた人が73.6%。

news.mynavi.jp

 

さもありなん・・といった結果ですね.。

 

理由はなんとなく納得できます

 

なりたくない人の理由を抜粋して引用してみます。

 

■割に合わないから
・「責任だけ大きくなり給料は減る。いい事はない」(43歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「休みもなかなか取れず、労働時間は長くなるのに残業代ももらえず、責任ばかりが増えるため」(38歳女性/物流・倉庫/事務・企画・経営関連)

 

■自分には向いていない
・「管理するタイプではないから」(36歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「他人を叱ることに苦手意識があるため」(47歳男性/コンピューター機器/IT関連技術職)
・「自己管理も十分にできないので。技術職でありたい」(47歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

 

■今の管理職を見て……
・「ダメな管理職がいっぱいいるのを見て、自分はああはなりたくないと思った」(36歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「今の管理職を見て、目指してみたいと思わないのと、現場で働きたい気持ちの方が強いから」(28歳男性/輸送用機器/その他技術職)

 

■その他
・「上から下から色々言われるとストレスが溜まる。それなりの収入がともなえば良い」(55歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)
・「責任を負うのが嫌だから」(57歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「もう平社員で気楽に生きたい」(47歳女性/食品/技能工・運輸・設備関連)

 

なるほど。

 

居酒屋とかで漏れ聞こえてくるリアルな会話と一致してます。

 

自分の会社で感じる肌感覚ともあってます。

 

まあ、これがリアルなんでしょう。

 

色んな考えや生き方があって全然問題ない

 

画一的な価値観を社会が要求していた昭和の時代とは違うのですよ。

 

さまざまな考え・生き方があっていいです。

 

とはいえ。

 

会社に存在する階級を、ざっくり「経営職、管理職、ワーカー(非管理職)」にわけたとしたら、ワーカー(非管理職)は一番下であることは間違いないです。

 

それは、収入が一番少ない層であることも意味します。

 

まあ、当たり前ですね。

 

責任とリスクをとったものが富を得るのは、資本主義の原則ですものね。

 

それをちゃんと受け入れた生き方をする必要はあります。

 

ただ、それが悪いこととは思わないです。

 

仕事では、何歳になっても必要とされる「ワーカー(非管理職)」としてのスキルを身につける。

 

それにより贅沢をしなければ問題ないレベルの収入を確保して生活基盤をささえる。

 

それ以外の部分では仕事以外の部分、例えば家族とか地域との交流とか趣味とかに力を注ぐ。

 

これもひとつの素晴らしい生き方のひとつですから。

 

管理職を目指す人間にとってのチャンスも広がる

 

管理職を目指す人間が少ない。

 

ということは、目指す人間にとってはチャンスが広がるという事です。

 

責任やリスクを負っても、収入をもっと増やしたい。

 

将来的な独立・起業にむけて、マネジメントスキルを磨きたい。

 

そう考えるなら、全然アリですから。

 

転職サイトとか見てて、つくづく思うのは。

 

今は、とにかく「優秀な管理職(マネジメント)」にとっては究極の売り手市場になりつつあるということです。

 

求められるレベルもあがってますけどね。

 

でも、チャンスも大きくなっているのは間違いないです。

 

年収を一気に百万単位で引き上げようと思ったら、転職時が最大のチャンスです。

 

まず、管理職になって、そこでどんどん挑戦しながら力を磨く。

 

失敗の経験もガンガンつんどけば良いと思います。

 

そうして、力をためたら、転職市場にうってでてジャンプアップして高収入を目指す。

 

こういう生き方も当然ありです。

 

大事なのは一貫性です

 

間違えちゃいけないのは。

 

選択した生き方の中での一貫性を保つこと。

 

ようするに、つまらない高望みをしないことです。

 

例えば。

 

責任もリスクもとりたくないし、楽もしたいけど、高収入だけほしいとか。

 

そりゃあ、それを実現できる強運をもった人間はゼロではないです。

 

宝くじで10億円当てるとか。

 

天文学的な確率ですけど、ゼロではないです。

 

でも、たいていは禄なことになりません。

 

たまに、楽して儲ける方法を教えると言ってくる人がいます。

 

自分はこの方法で遊んでてもお金が稼げて、楽しく暮らしてるよとか。

 

でも、たいていは詐欺みたいなもんです。

 

自分の知るかぎりでも。

 

そういう人たちの本当の収入源は、その話にのせられて、ノウハウもどきにお金を払ってくれる「高望みしている人たち」から巻き上げたお金ですよ。

 

本当に儲かるノウハウや情報は、人に教えません。

 

そんな当然のことがわからなくなってたら、危険信号だと思ったほうがいいです。

 

はい。 

関連情報

働き方についてカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com