アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ITに関わる者にとって、横着であることは才能だ!ソフトウェア・ロボット(RPA)もその延長かな。

昔、会社の先輩に言われて、今もそうだと信じてることがあります。

 

意味合いとしては、「システムの仕事する人間は横着なヤツでないとダメなんだ。」というようなことです。

 

単調な繰り返し作業を根気良く続けられる人。

 

毎回同じ手順を繰り返しすルーティン作業が苦にならない人。

 

こういう人は、改善しようと思わないし、プログラムによる手順短縮化に価値を見出さないんだ。

 

だから、数回同じ手順をやったら飽きて、なんか、もっと楽できないかなと考える横着者がいないと、世の中進歩しないんだ・・。

 

なんか、そういう内容です。

 

いや、その通りだと思いますね。

 

でも決まりきった手順の繰り返しって、まだまだある

 

たとえば。

 

伝票の入力とか。

 

提出された資料(届出書とか申請書とかも含んで)のチェックとか。

 

面倒だからと言って手を抜けない。

 

でも、システムを組んでやろうとしても、なかなか難しい。

 

人間の判断に依存する部分があって、人間がロジックを組むのが困難だったり。

 

コストとメリットが見合わなかったり。

 

そういう分野はまだまだ残ってます。

 

でも・・、今やディープラーニングなどの技術で、感覚の部分までコンピュータでエミュレートできるようになってきてます。

 

そろそろ、そこにも手をつけられるんじゃないかな。

 

もっと横着にやれるんじゃないか。

 

そう思うことは増えてきてるわけですね。

 

ソフトウェア・ロボットのニーズは大きいはず

 

そう思っているのは、自分だけではなさそうです。

 

その証拠に、ソフトウェアロボットが話題になってます。


もう少しカッコよく、RPA(Robotic Process Automation) とも言いますけど。

 

考えてみれば、工場のラインとかだと、かなりロボットが進出して人間と共存しながら、人手不足を補う働きをしてます。

 

ホワイトカラーの世界だって、同じようにできないわけがない。

 

むしろ、コンピュータの中で完結できる部分の多いホワイトカラーの仕事こそ、ロボットのようなものが代替しやすいはずだとも思います。

 

大げさなアームとか自走するためのタイヤとか、そんな大げさなものはいりません。

 

ただ、ロボットのような働きをするソフトウェアがあればよいわけですから。

 

つまらない定型作業をソルトウェア・ロボットが粛々と処理をしてくれている横で、人間は真に人間にしかできない仕事・・例えば、創造的な発想をふくらませるとか・・とする形で共存できたら。

 

ちょっと、良さげなイメージが浮かびます。 

 

だから、このソフトウェアロボット(RPA)は、今の自分にとってはなかなかクールに見えているわけです。

 

有償のソリューションを提供する企業はいっぱいでてきた

 

間違いなくニーズはあります。

 

だからこそ。

 

日本の名だたる企業もベンチャーも、こぞって参入してきてるわけですから。

jpn.nec.com

it.impressbm.co.jp

 

ROBOWARE(ロボウェア)Robotic Process Automation | eSECTOR(イーセクター)

 

ただ、個人がちょっと試すには、どれも敷居が高いです。

 

企業にはいいかもしれませんが。

 

基本、有償ですしね。

 

もう少し、気楽に始められないかなと思います。

 

フリー&オープンソースでもある程度できるのでは?

 

考えてみれば、RPAって普通のシステム開発とニアリーな部分があります。

 

システム開発でも、人間がやっている手順を、そのままシステム化してもうまく行きません。

 

一度、作業手順をバラして、その作業の成果は何かを見極めたうえで、システム化に適した手順に整理しなおすことができるかどうかが、成否を左右します。

 

そこの整理がきれいにできれば六七割成功したようなもんです。

 

たぶん、ソフトウェア・ロボット(RPA)に代替させるのも同じですね。

 

ロボットで効率をあげやすい作業の見極めと、作業手順の分解・整理がうまくできるかどうかが一番大きくて、利用するツールはその次でしょう。

 

だとしたら、そこをうまくやれば、フリー&オープンソースだけ使ってRPAしても、そこそこやれるような気もします。

 

とはいえ、いきなりゴール目指しても無理なので、原点にもどって、とにかくコンピュータで横着できることを、ちょこちょこやっていくってのをやってみようかな。

 

そしたら、そのうちソフトウェア・ロボット的なところにも延長線上でたどり着くかもしれないし・・。

 

そんなことを、ふと、思いました。