アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

単にTwitter社とカスペルスキー社がもめてるのかなと思ったら、結構根の深い話っぽい

いつものように、昼休みにニュースやブログを見てたら、こんな記事をみつけました。 

blog.kaspersky.co.jp

セキュリティソフトベンダーであるカスペルスキー社の代表みずから、公開書簡を公表とは、なかなか穏やかではないですね。 

公開書簡は、Twitter社からの「公式アカウントからの広告を禁じる」通達に対してになってます。 

これだけ見ると、Twitter社とカスペルスキー社とのもめごとっぽいのですが、ちょっとググってみたら、なかなか、背景は重たそう。

 

根本は、例のアメリカのロシア疑惑とのからみっぽいですね

 

去年の9月ころにこんな記事がありました。

www.sankei.com

そこから、しばらくもめてます。 

どういう疑惑?の疑問ついてはこの記事がわかりやすいです。

japan.cnet.com

 

イスラエルからの警告があったという説もありますし。

japan.cnet.com

 

でも、カスペルスキー社の立場は、当然ながら誤解だ・・というものです。

blog.kaspersky.co.jp

 

それでもアメリカだけじゃなく、イギリスとかにも、使用停止の動きが広まり。

www.sankei.com

 

たまりかねたカスペルスキー社が、アメリカを提訴するとかしました。

japanese.engadget.com

 その後も、ずっと地道に争っていたわけでしょうね。

 

でも広告はだしてたんだな

 

アメリカ政府・イギリス政府などと争っている。 

でも、Twitter社は特に何もしなかった。 

少なくとも、直近までは・・。 

独立性を重視していたから。 

そういうことなんでしょうね。 

でも、最近雲行きがあやしい。 

ザッカーバーグ氏が叩かれてますからね。

www.afpbb.com

 そういうことで苦渋の決断をしたところ、カスペルスキー社は、Twitter社が政府の圧力に屈したのを「どうしたんだよ!」みたいに避難している。 

そんな感じじゃないかな?と思うと、ちょっと違う絵も見えてきます。 

うーーん。 

なかなか、難しいわなあ。 

自分はカスペルスキー社のソフトのユーザではありません。 

でも、ブログの愛読者ではあります。 

新しいセキュリティの脅威やマルウェアについての解説記事が、詳しく、かつ、わかりやすいので。 

だから、それほど悪い印象はないのですが、確かに「セキュリティソフト」が悪用されるというのは実に恐ろしく、もう何でもありになってしまいます。 

その可能性が・・なんて言われると、官公庁や企業とかでは、疑惑であっても使いづらくなります。 

そのリスクがあっても、なおかつ選ぶだけの理由が必要になりますし、万が一があったときのことを考えると、やはり避けておくのが無難と考えるでしょうから。 

かなりのダメージでしょうね。 

ビジネスとしては。