SE_BOKUのITな日常

SE_BOKUが知ってること・勉強したこと・考えたことetc

僕の思うこと

プロジェクトの進捗報告は「週次」が一番ストレスが少ない(リライト)

長期のプロジェクトの「進捗状況報告」を開く頻度はどれくらいが最適か・・という話題です。

情報に騙されない「BOKU流情報リテラシー」だと思っていること

情報リテラシー的なことに対する自分のやってる方法について整理してみました。

左折専用レーンを右ウインカーをだして直進?これは「クソルール」でしょ

交通ルールで「クソ」な例外規定はやめてほしいんだよなあ。

人間らしく生きる力は高齢になるほど成長するのだ

ちょっと勇気のもらえる話。

官公庁や有識者のキャッシュレス化を推進すべき理由にツッコミを入れてみる

自分はキャッシュレス決済をよく使いますが、だからといって、巷で「だから、キャッシュレス化をもっとすすめるべきだ」と説明される理由すべてに納得しているわけではありません。

まず、自分の個性を肯定することからはじめたほうがいい

自分の個性と違うのに、無理をしたらろくな事がないよ・・という話。

ろう者について、ちょっと知っているだけでも大きな違いがあるな

ろうあ者の方に関連する話題です。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない

失敗も挫折もしたことがない人に、自分が魅力を感じない理由を書いてます。

そろそろ少子高齢化を前提に未来を考える時期じゃないかな

少子高齢化が止まらないなら、年寄りだけの世界をちょっと明るくなるように考えてみたらどうか?と思うわけです。

早期退職募集がある前に会社で感じた危険な兆候について

良い会社がダメな会社に転落していく過程には同じような兆候があったな

命と引き換えにしないといけないような「責任感」なんかクソクラエです

40代なかばの時、かなり無茶な働き方をして、疲れと寝不足で「ニア過労死」みたいな体験をした話です。

日本は、働き盛りの40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国です。

日本は、40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国らしい。なんでや!と、ちょっとせつなくなりました。

トラブル対応に強い人に共通する5つの資質と、強くなるために必要な「1つ」のこと

トラブル対応時に活躍できる人の共通項を真似して、そのスキルを身に着けようとしてみた。

警察官の特殊勤務手当をみてみたら、改めて感謝の気持ちがわいてきた

警察の特殊勤務手当が理不尽だと、10年くらい前にも一人で文句を言っていたなあと思い出しました。

他人にどう思われるかなんて気にすること自体が無駄なんだよね

人にどう思われているかを過剰に心配をすることは、無駄だと思います。

人の顔が覚えられない!・・ビジネスマンとしては致命的です。さて、どうしたもんかな?と悩んだ日々。

人の顔が覚えられない!・・なんてのは、お客さんのいる仕事では最低です。

歩道を走る自転車がどれほど危険な乗り物なのかもわからない正真正銘のバカが多いな

自転車は、歩道においては、自動車やバイクと変わらない危険な乗り物なんだけど、わかっていないバカが多いなと、日々ムカついているという話です。

非喫煙者の権利主張に偏りすぎる風潮には違和感があります。

禁煙の話ばかりで、喫煙者の権利がないがしろになってないのかな?って考えてしまいました。

人を信用しすぎてはダメな時代なのは間違いない

数回会った程度の相手が良い人に見えても簡単に信じないほうがいいよ。

行列に並ぶくらいなら、普通の店で並ばずに食べるほうがいいや

行列が嫌いで、人生の中で、ほぼ、行列を避けて生きてきました。

命がけで仕事するという言葉を安易に使ってほしくない

ニュースとかで、命がけで・・という言葉を聞きて、自分はちょっとイラっとします。

縁故入社やコネ入社は、本人が一番つらい。親の見栄でいじめないでほしい。

縁故入社・コネ入社は嫌われて当然ですが、必ずしも本人が悪いわけじゃない。なのに、傷つくのは入社後の本人なんだから、親もよーく考えないといけない。

資格をたくさん持っていても、転職で有利になるとは限らない

資格をたくさん持っていれば、就職に有利だというのは幻想だと思います。

人間を機械みたいに稼働率なんかで評価しちゃいけない

IT業界特有の話かもしれないのですが、稼働率で評価するという「悪しき習慣」だと個人的に思っていることについての話です。

ダイバーシティ/多様性のある職場を面倒くさく思う時点で終わりです

多様性ってことについて、あれこれ。なんで必要なのかなってところから。

親切にされた時、素直にありがとうと言うのは、簡単そうで、難しい。

親切を、すっと自然体でうけとめて、笑顔で有難うという。 簡単なことのはずなのに、できないんです。

過労死するほど疲れていても、自分ひとりでは気づけない

周囲の人が気づいてあげないと、死ぬほど疲れていても、本人は気づかないことがあるのだということを知っておくべきだと思ってます。

こうした時に、ヒアリングがうまくいくことが多かったな・・という個人的経験。

ヒアリングは簡単そうで難しい・・という話題です。

問題はありません・・としか報告しない奴は信じないのが正解です

常に「問題ありません」としか報告しない「一見、優等生にみえる」メンバーが実は一番やばいかも。

メモをきれいな字で書いちゃいけないと思ってます

字は超汚いです。でも、僕はメモを丁寧のとろうと思いませんし、別に読めなくてもいいと思ってます。