"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

Python:数学・グラフィックス

空の星までの距離を計算するプログラムをPythonで作ってみよう。

空の星までの距離の計算方法を調べて、Python で計算するプログラムを書いてみました・・という話題です。

モンティ・ホール問題で、ちょっと暇つぶし。

数学の本を読んでて「モンティ・ホール問題」ってのに、ちょっと興味をひかれたので、自分なりに考えて遊んでみました。

離散的な値の分布の代表格「二項分布」と「ポアソン分布」を文系SEっぽく整理してみる

機械学習や統計の話題に頻出する「分布」の中で、モヤっとしがちだった「二項分布」と「ポアソン分布」について、文系的アプローチで整理を試みます。

Pythonでグラフィックス:再帰図形2つ「C曲線」と「樹木曲線」を実装してみました

今回は、Pythonで「C曲線」と「樹木曲線」という代表的な再帰図形を実装してみます。

Pythonでグラフィックス:有名な「バーンスタインのシダの葉」を描くクラスを実装してみました

今回は、Pythonで「バーンスタインのシダ」を描くクラスを実装してみます。

Pythonでグラフィックス:「シェルピンスキーのギャスケット」を描くクラスを実装してみました。

今回は、Pythonで「シェルピンスキーのギャスケット」(三角形)を描くクラスを実装してみます。

Pythonでグラフィックス:「雪の結晶風図形」(コッホ曲線)を描くクラスを実装してみました。

今回は、Pythonで「雪の結晶風図形」(コッホ曲線)を描くクラスを実装してみます。

Pythonでグラフィックス:「うずまき風図形」を描く処理を実装してみました。

今回は、Pythonで「うずまき風図形」を描く処理を実装してみます。

Pythonでグラフィックス:「花びらを描く(花びら曲線)」処理を実装してみました。

Pythonで「花びら曲線」(花びらみたいな図形を描く曲線)を実装してみました。

pythonでN次(奇数)の魔法陣を作成するプログラムを作ってみる。

奇数・N次の魔法陣を作成するプログラムを、pythonで作ってみました。

matplotlibで日本語を文字化けせず表示できるようにしてみる

matplotlibで、日本語表示ができるようにします。ついでに設定の確認をかねて、matplotlib_vennを使って、集合でお馴染みのベン図を書いてみます。

数学の筆算が嫌でpythonに逃げる。その2 連立方程式のめんどくさい奴

数学の筆算が面倒だから嫌いなのだという自分に気づき、pythonに逃げてみたの2回めです。

数学の筆算が嫌でpythonに逃げる。因数分解、二次・三次方程式の問題。

本棚を整理してたら、過去に何回か発作的に数学の勉強をはじめて、メゲた歴史の残骸・・ようするに「大人の数学勉強本」・・がでてきたので。

CNNの認識精度向上に学習データ(画像)の水増しは効果あり/Neural Network Consoleの使い方

今回は、少ない(1カテゴリあたり40枚~60枚しかない)カラー画像データを、水増しして、前回71%と散々だった学習精度向上にチャレンジしてみます。

Pythonでハノイの塔を解くプログラムを書いてみました(勉強用)

ハノイの塔というパズルをPythonで解いてみました。 ハノイの塔とは たぶん、誰でも知ってるレベルの有名なパズルです。 下の図のように、3本の柱があって、一番左端(A)に何枚か(例では3枚)の円盤がささっているところからスタートします。 そこから、円…

PythonでMNIST(手書き数字画像)データを変形させるメソッドを一から手作りする(勉強用)

MNISTの手書き数字画像データを、ずらしたり回転させて、バリエーション画像を作ってみました。 ディープラーニング実装の正解率をあげるアプローチで必要になって作ったのですが、pythonで数字を入れ替えるだけで、画像が加工できるというのは、ちょっとお…