"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

python-django・WEB

入力文章の誤字脱字や文法間違いをAIが指摘するデモを作る。「Proofreading API」を使う/python+django2.0+bootstrap4

入力した文章の疑わしい部分を指摘する機能のデモ画面を作ってみます。疑わしい部分とは、「誤字の可能性が高い部分、誤字では無いが珍しい使い方、他により良い表現がありそうな部分等」です。

Views.pyでHTMLを組み立てて、エスケープさせないでFormに渡す方法/django2.0

djangoのForm入力をviews.pyでチェックして、再入力を即すという処理をするときに忘れがちな部分を、備忘を兼ねてまとめておきます。

djangoのプロジェクトをフォルダごとコピーして、新規プロジェクトに書き換える(備忘)

djangoの新しいプロジェクトをフォルダのコピーの手作業でやる方法のメモです。たぶん、プロジェクトを新しく作る正しいやり方ではないですけれど・・。

複数行にわたる文章をAIで1行に要約をするデモ画面。「Text Summarization API」を使う/django2.0+bootstrap4

複数行にわたる文章を1行に要約した結果を返すデモ画面を作ってみます。

Django2.0+Bootstrap4でカレンダー入力を簡単に実現する「bootstrap_datepicker_plus」を使う

Django2.0+Bootstrap4でカレンダー入力を行う、簡単なやり方です。

チェックボックスとラジオボタンを使う。初期化と値の受取など。/Django2.0+Bootstrap4

Django2.0+Bootstrap4のチェックぼっくとラジオボタンのサンプルです。自分が一番わかりやすいと思っているやり方のみを書いてます。

プルダウンリスト(Select)とマルチセレクトボックス。初期化と値の受取など。/Django2.0+Bootstrap4

Django2.0+Bootstrap4のプルダウンリスト、マルチセレクトのサンプルです。自分が一番わかりやすいと思っているやり方のみを書いてます。

一行テキスト入力サンプル。文字も数字も日付も「CharField」だけでする/django2.0+Bootstrap4

Django2.0+Bootstrap4の一行テキスト入力のサンプルです。自分が一番わかりやすいと思っているやり方のみを書いてます。

AIと雑談できる「Talk API」を使ってチャットボットもどきを作る/python+django2.0+bootstrap4

リクルートさんの「Talk API」とdjango+bootstrapを使って、簡単なチャットボットもどきを作ってみます。

画像を1000カテゴリに分類するデモアプリを作成(tf.kerasの事前学習済VGG16モデル)/Django2.0+Bootstrap4

django+botstrapの入力画面に、tf.kerasの事前学習済VGG16モデルを使った画像分類ロジックを組み込んでみました。

django2.0でbootstrap4を使うための設定と、ドラッグ&ドロップのjavaScript実装など。

django+bootstrap4で、簡単なデモのベースにするシンプルな入力画面を動かしてみました。

Django2.0で入力フォームを作る時の、CSRF検証エラー対応と静的ファイルへのアクセスなど

Djangoで簡単な入力フォームを作るだけで意外にはまったので。静的ファイルへのアクセスと送信ボタンを押してPOSTで画面遷移する時のCSRF検証エラーの回避方法とかまとめてます。

Windows10 + anaconda + python3.6 で django2.0をインストールして、動作確認をする

Windows10 + anaconda + python3.6 の環境に django2.0をインストールします。 Djangoのインストール Anacondaはすでにインストールしているものとしてすすめます。 まず、Condaを使って、新たな仮想環境を作ります。 conda create -n django python=3.6 仮…

PythonのrequestsとBeautifulSoupでGoogle検索結果から、タイトルとURLと説明文だけを抜き取る

今回は、とりあえず、学習させるためのデータとして、検索結果からタイトル・説明文とURLをぬきとって、CSVに整形して出力するところまでやります。

pythonでWebスクレイピング+EXCEL操作。データをEXCELファイルに書き込んで資料化する

WEBで一覧になっているデータを、そのままEXCELの資料にするのを、openpyxlとreqestsモジュールを使ってやってみます。

pythonからseleniumでGoogle Chrome を操作する。キーワード入力とかリンクのクリックとか。

Webアプリケーションの画面に、自動的に入力したり、リンクをクリックしたりというのをpythonでやってみます。pythonは、3.6系。seleniumというモジュールです。