"BOKU"のITな日常

BOKUが勉強したり、考えたことを頭の整理を兼ねてまとめてます。

他人にどう思われるかなんて気にすること自体が無駄なんだよね

f:id:arakan_no_boku:20190217003148j:plain

他人にどう思われるかなんて気にすること自体が無駄なんだよね

年齢を重ねてよかった事のひとつが、他人の眼が気にならなくなったことです。

若い時。

特に10代のころは、何かと「他人からどう思われるか」なんてことを気にすることが多かった記憶があります。

人と変わったことをしたときとか。

ミスしたときとか。

予期につけ悪しきにつけ、それが他人の眼にどううつるかを気にしてました。

でも。

60歳を超えた今思うことは「しょうもないことをしてたなあ」のみです。

他人の眼にどううつるか?・・なんて、気にしても仕方ないですから。

 

他人がどう思うかなんてコントロールできないから

どんな素晴らしい人でも、100%の人に好かれることは不可能です。 

嫌われない・・と言い換えても同じです。

逆に、どんなクソ野郎でも100%の人に嫌われることはないでしょう。

なぜかというと。

好き嫌いの基準は、人によってみんな違うからです。

100人いれば、100通りの好き嫌いの基準があるわけです。

同じことをしても、好きと思う人もいれば、嫌いだと思う人もいる。

非のうちどころのない神様のような人格者がいても、その人に対して「みんなに好かれているのが気に入らない!」という理由で嫌うへそ曲がりは、必ずいます。

そのうえ。

人間は嘘をつく生き物です。

好きな相手に対して、嫌いな態度をとることもあれば、嫌いな相手に、好きに見せかける態度をとることもあるわけで、そんなもので一喜一憂するだけ、エネルギーと時間の無駄遣いです。

 

人として恥ずかしくない生き方をしてるかだけ気にする

結局のところ、自分の生き方を評価できるのは、自分自身でしかないです。

その評価の軸も自分で見つけるしかありません。

僕の場合は「人として恥ずかしくない生き方をしてるかどうか?」です。

誰かは忘れましたが、本を読んでて、感銘をうけたので真似してます。

とにかく、迷ったら、それを自分に問いかけて、「YES」と答えられている限り、問題ないと思うようにしたら、その他のほとんどは枝葉にすぎなくなって、生きることがものすごく楽になりました。

だから、この「軸」は自分にあっていると思ってます。

この軸を見つけるのに50年以上もかかってしまいましたが、それまでの七転八倒も含めて自分の人生なんでしょうね。

きっと。