アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

大学入学試験なんかやめれば良いし、新卒一括採用も禁止にしてしまえば良い・・と思う

問題の答えはひとつではない。

これが学校で習ったことと、社会にでてから学習したことの最大のギャップです。

しかも。

問題に答えが必ずあるわけではないし。

今日は正解だった答えが、次回は間違いになる・・なんてこともある。

それどころか。

同じ問題なのに、状況や相手によって答えが変わる時もある。

このことに気づいた時。

学校のテストで良い点をとって「優秀だ」といわれることと、社会で「優秀だ」と言われることの間には何の共通点もないし、同じ言葉でも、まったく違う資質であったり、能力をさすのだということを思い知りました。

いやはや。

なんて無意味なことをさせられてきたんだろう。

なんて・・思ってしまったりもしたわけです。

 

正解が人によって違う問題もあるのだということ

 

例えば、国語の試験です。

小説の一節が掲載されていて、それを読んで答えを書くような問題があります。 

問題文に、「この時作者はどのような気持ちだったのでしょうか?」とか書いてあって、5つくらいの選択肢から選ばないといけないとかですね。 

いや、おかしいだろう。 

自分はそう思ってました。 

この時作者がどのような気持ちだったか???

本人以外にわかるわけないじゃないですか。 

本来なら、「この文章を読んで、作者がどのような気持ちで書いたと、あなたは思いますか?」という問いかけであるべきでしょう。

そうなると。

自分はこうだと思ったと書けば、その答えは全て正解です。

自分が思ったのですから。

でも。

これではテストになりません。

テストって結局、無理やりにでも順位をつけて、上位下位にふりわけるために行うものなんでしょうから。 

だから、無理やり5つの中から選べなんてことになる。

これは「この問題を作った人が、この作者の気持ちをどう考えたと、生徒にこたえさせたいのか」を当てるゲームみたいなものにすぎませんよね。

 まあ。

空気を読む練習にはなると思いますが、何の意味があるのかわかりません。

いつも、ブツブツ言ってました。

 

自分で考える力=AIに仕事を奪われないために必要なこと

 

これから先は「人工知能」と共存して仕事をしていく機会が、どんどん増えます。

人口知能は、正解がわかっている問題については、人間を圧倒する力を持ちます。

でも、正解のない問題にはとことん弱いです。

人間なら。

状況に応じて次善の手を打つことで、正解ではないかもしれないけど、近い効果を得られる方法を臨機応変に考えることができます。

まったく関係のないいくつかの要素をつなぎあわせて、新しい仮説を立てることもできます。

でも、人工知能にはそれができません。

などなど。

考えていくと、将来的に人間がどういう能力を磨いていくべきかは見えてきます。

人工知能ができること。

そこで勝負したら、100%人間は勝てません。

 だから、人工知能にできないことをしなければなりません。

 そこで必要な能力とは。

  • あるものを組み合わせて、新しい何かを作り出す
  • 今までとは別の視点で問題をとくアプローチをする
  • 今までの正解=常識を疑い、新たな正解を作り出す。
  • 理屈でない感情を理解すること

などなどです。 

残念なことに、これらは学校教育の中では、評価されるどころか、劣等生として潰されかねない資質だったりします。

 

まあ。

教育にかかわる人たちも、そのへんはわかってきているみたいで、改善はしているみたいな話は聞きます。

でも、根本的なところが違うんですよね。

 

全ての元凶は大学入試制度と新卒一括採用にある

 

そもそも。

大学入試なんてものがあるのが駄目なのですよ。

大学は、本来高校よりも高度な教育を受けるための場所なのだから、受けたい人間はいれれば良いと思います。

もちろん、多少のふるいは必要ですけどね。

そのうえで、「その学校の教育レベルについてこれない生徒は絶対卒業させません。」ということを徹底するわけです。

例えば。

東京大学なら、日本の最高峰にふさわしいレベルの授業をして、ついてこれない生徒はバンバンふるいおとせばいいのです。

毎日授業にでて、予習・復習もきっちりやって、それこそ四年間学問以外のことに頭を振り向ける余裕がないくらいのレベルの授業をすればいいと思います。

それで、自分の能力を過信して入ってきて授業についてこれない人間=単位がとれない人間はバンバン中途退学で、学校をやめさせる。

そんな風にすれば、みんな自分に見合った大学を選ぶようになるし、それこそ遊びたいやつは「遊び人OK大学」にはいればいいし、手に職をつけたいなら「専門大学」にはいればいい。

何より、「入試のための勉強」がなくなります。

そのぶん、考える力を磨くための授業などに時間をさけるようになるはずです。

学習塾とかは困るでしょうけど。

授業だけではついていけない=単位がとれない学生向けの集中講義とか、別の方向でビジネスの芽はあるんじゃないかと思ったりもします。

 あと。

新卒一括採用ですね。

別に採用試験なんて、通年で好きな時期にやればいいんじゃないかと思うわけです。

前に書いたみたいに、大学が本当の学問の場になれば。

どの大学を卒業できたか・・がそのまま学生の学力レベルをダイレクトに反映してますので、選考にもそれほど時間をかけなくてもいいはずです。

一番、いいなと思っているのが、自動車教習所みたいに「社会人教習所」みたいなものを作って、各企業が新人研修でやっているような基本的なビジネスマナーや知識については、そこで教えて、その免許をもってたら採用試験に応募できます・・みたいな感じにしたらどうかな?と思います。

企業も助かるし、新しいビジネスも生まれるし。

悪くないんじゃないか・・と思ってるのですけどね。