"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

日本は、働き盛りの40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国です。

仕事柄、人口動態調査は時々見てます。 

だから、数字としては把握してたはずなんですけど。

改めて、記事になったのを読んで、うーーんと唸ることがありました。 

f:id:arakan_no_boku:20190203133001j:plain

 

40代・50代の自殺が多いって?

 

日経ビジネス河合薫さんのコラムです。

引用します。

WHOの報告によれば、2000年以降は自殺者の高齢化が進み、高齢化が進む多くの先進国で「75歳以上の男性」の自殺が増加(Change in the age distribution of cases of suicide)。


一方、日本では40代~50代男性の自殺者が多く、これは経済状態の悪い途上国と似通った傾向である。


平成28年も「40歳代から60歳代の男性の自殺者で全体の約4割近く」を占め(今回の白書にも記されている。こちら)、年齢別に死因に占める自殺者の割合を比較すると、
ご覧の通り30歳前後~50歳前後で男性のほうがずっと多いことがわかる。


要するに、「中高年の男性問題」はかなり深刻なのに、白書ではその点が言及されていない。

 

なぜか日本では「男性問題」より「女性問題」にばかりスポットがあたりがちだが、「自殺」という極めて重要な問題でもなおざりにされてしまったのだ。 

これを読んで。

自分は数字の上っ面眺めてたなと・・思います。 

こんなにショッキングな内容が数字で読めるのに。 

気づいてなかったですね。 

 

日本は、特殊な先進国なんです

 

正直言えば。

わからんでもない部分はあります。 

今の日本って、40代~50代男性に冷たい社会なんですよ。 

体力も落ちてきて、忍び寄る老後に不安を覚え始める時期に、子供の教育費やローンなどの心配ごともある。 

なのに、給料はあがらない。

それどころか、リストラって話がでると常にメインターゲットにされるわけです。 

まるで邪魔者みたいに。

自分も何回か転職はしてますけど。

会社を辞めるというのは、やっぱり不安です。 

次の仕事が見つからなかったらどうしよう・・。

次の職場がブラック企業だったらどうしよう。 

低賃金な仕事にしかつけなくて、生活に困窮したらどうしよう。 

などなど。

この不安感は経験者しかわからないです。 

 

今でもゾッとするときがある

 

今でも。

仕事が決まらなくて頭を抱えて、暗闇の公園のベンチなんかに座っている自分の夢を見て、ゾッとするときがあります。 

自分が転職したときも、不安にかられて、必死で職探ししました。 

そうすると、結構誘惑があるんです。 

非正規とか、常時人手不足の会社とかから。 

自分なりに最低条件を決めて転職活動していてはいます。

でも。

面接にいくと、わりと早い段階で採用の意思を示してもらえたりするわけです。

そんな時に迷うんです。

たしかに条件には不足している。

不安な部分もある。

でも・・ここで決めれば、職が決まらない不安から逃れられる。

そういう誘惑の声にはふらっとしてしまうこともあります。 

自分は家族も長い目で見てくれてたから我慢できましたけど、ひとりだったらいっちゃってたかもしれません。 

それから、軽く20年以上の月日が流れてます。 

仕事がら、過労死とかの労働事故の事例とかを調べることがあります。

そんな時、その事例の中に自分が転職活動をしていた時に誘惑にかられた会社の名前をみつけたりすると、心底ドキドキします。 

あの時、妥協してたら、この事例の主人公は自分だったかもしれない・・。

そう思うと、怖いです。 

 

結構、ギリギリのバランスで生きてるんですよ

 

とにかくね。 

40代~50代男性。

特に世の中のお父さんは、沢山の敵に囲まれてます。

家族への責任というプレッシャー。

仕事のストレス。

肉体の衰え。

病気への恐怖。

将来(老後)への不安。

などなど。

それらに挟まれてギリギリのバランスで生きているわけです。 

だから。

ひとつ歯車が狂うと、かなりきしみます。 

当たり前ですが。

誰だって、死ぬのは怖いです。 

 

自殺する人が弱いわけじゃない

 

自殺する人のことを「弱い」なんて言う人もいます。

が、自分にはそうは思えません。 

やっぱり、自分で自分の命をたつのは、相当怖いです。 

だから、自殺者が多いということは、「その死の恐怖を超えるほどの生き続けることへの恐怖と絶望があった」ということでしょう。  

せつないです。 

同世代の男として。 

本当に。 

それにしても。

日本が「経済状態の悪い途上国と似通った傾向」ってどういうことでしょうね。 

さらに、「中高年の男性問題」はかなり深刻なのに、白書ではその点が言及されていないってのは、女性問題の方がマスコミ受けがいいから? 

だとしたら、悲しいっすよねえ。 

たいていの「40代~50代の男性」は頑張ってるんだけどなあ。

 

2019/03/24追記

最近、改めて年代別の自殺者データの分析をしてみました。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

40・50代の割合が多い傾向は、この記事を書いたころと変わってない感じですね。