アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

寂しいから、死んだら夫婦二人分の骨を混ぜてガラガラポンがいいな。骨壷なくてもいいし。

死んだ後の話。

そんな話題が会話にでてくる年齢になってきました。

その類の話で印象に残っているブログがあります。

emuzu-2.cocolog-nifty.com

この中にこんなエピソードが書かれています。

Cさんの実家は福岡とか。その両親は非常に仲がよく、今は同じ骨壺に入って眠っているとか・・・
聞くと、父親はどこかの会社のエライ人だったらしく、家庭は裕福だったとか。 

そのうち母親が痴呆気味になり、高級老人ホームに入ったのだが、母親が先に亡くなり、残されたパーキンソン病にかかった父親が、その母親の骨壺を離さないで、骨壺と一緒に寝ていたとか・・・。 

それで骨壺が壊れたりすると困るので、位牌に変えさせたら、今度は位牌を持って寝ていたとか・・・
その父親もホームで亡くなり、遺言によって、父親の葬儀の時、Cさんたち遺族が母親の骨壺を、父親の骨あげの場に持って行って、大きな骨壺に、父親と母親の遺骨を交互に納め、一番上に二人の喉仏を置いたという。
そして今両親は、同じ骨壺に入って福岡の墓地に眠っているという。

 

これが、なぜ、印象に残ったかというと。 

自分も同じ状況になったら、たぶん、このエピソードの父親と同じことする。

そう思ってたからです。 

 

一般的には一緒の墓にははいりたくないらしい

 

周囲の人たちと話をすると、自分らの意見は少数派です。

どちらかと言えば「一緒の墓に絶対はいりたくない」という人が多いです。

意外にご主人側はそうでもないのですけど、奥さん側が絶対に嫌といいます(笑)

なので。

このエピソードの夫婦みたいに、やり方は違えど、根本的な部分で同じ考えの人の話を見ると、「あー。他にもいたんだ。」・・という、ちょっとした感動がありました。 

自分らの感覚はこうです。

墓はどこでもいいです。

骨壺はひとつがいいです。

二人分の骨を、その骨壺にいれてガラガラポンしてほしい。

骨壺がなければ、なんかの袋でもなんでもいいです。

混ぜといてくれれば。

あとは、その辺に置いといてもらうだけでも構いません。

でな感じです。

かなり、とっぴに聞こえるらしく、みんなにボロボロに言われてたので、同じような考え方をする人が、他にいるなんて思ってなかったわけです。 

 

別になんかの意味があるからしたいわけじゃない

 

正直、いろんなことを言う人がいます。 

仏教的に意味があるとか、ないとか。 

お墓の大きさによっては、二人分の骨を入れるような大きな骨壷ははいらないとか。 

聞くたびに、うんざりしてますけど(笑)

そういう問題ではないんです。

なんかの意味を求めてるわけでも何でもない。 

長い事、夫婦でいたんだから、別々になるのは寂しいな。

それだけの話です。

一緒にいないと寂しい。

だから一緒にいる。

どうせなら同じ骨壺というか入れ物の中がいいよね。

それだけのことです。 

気休めですよ。

わかってます。

でも、そう思ってる方が楽しいし安心できる気がする。 

それだけです。 

世の中を生きていくのは大変です。

綺麗事だけではいきません。 

でも、最後の最後の部分で、それくらいの「純粋な部分」を持ってもいいじゃないか。 

そう思うんです。