アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

先進国は少子高齢化、地球規模では人口爆発!もう地球規模でシャッフルするしかないな。

少子高齢化問題は日本だけの話ではありません。 

世界の先進国の共通の問題みたいです。 

f:id:arakan_no_boku:20170709161409j:plain

ランキング&比較特集

 

自分もこの記事をきっかけに勉強してみました。 

自分なりの解釈はこんな感じです。

  • 先進国では少子高齢化が進み人口は減少するが、地球規模で見ると人口は増え続け、同時に人口爆発の問題もなくなっていない。
  • 地球規模で見た時に人口は増え続けるけど、子供の数の増加より、高齢者の増加の勢いが強すぎて、世界中で人口に占める高齢者の比率が非常に大きくなってしまう。

 

未来の地球は爺さんと婆さんに埋め尽くされる 

 

先進国では人口が減り、それ以外の国では人口が増え続けている。 

つまり、少子高齢化人口爆発が同時進行ですすんでる! 

そういうことなんですね。 

それでどうなるか。

ざっくり言えば、「未来では、地球上が爺さんと婆さんに埋め尽くされる・・」わけですよね。 

うーん、なんか、嫌ですね。 

でも、現実です。 

なお、人口が増える人口爆発がなんで問題なのかは、こちらのサイトがわかりやすかったです。

minnkane.com

 

性質の異なる2つの問題なのがやっかいです

 

少子高齢化は、労働力の確保とかの「経済問題」や年金・医療費負担などの「社会保障問題」です。 

対して、人口爆発は純然たる「地球環境問題」です。 

経済・社会保障の問題と、地球環境問題は、まさに水と油。 

トレードオフの関係です。 

片方の対策をうてば、片方が悪化する。 

どちらを優先すべきか・・なんて決着がつくわけはありません。 

だから、個人的には思うんです。 

流れにまかせるしかないよなあ・・と。

 

地球規模で人間をシャッフルできればいいんだけど

 

ただ、ひとつだけ手があります。 

先進国で人口が減って、それ以外の国で増えているなら、増えている国から人間どんどん連れてくればいいじゃないか・ 

単純に考えれば、そうなります。 

そうすれば少なくとも少子高齢化の問題は解消しますから、地球規模の人口爆発だけ考えればよくなります。  

最終的には、民族がシャッフルされていくわけですから、国単位の諍いも意味がなくなっていって、地球規模で安定していくんじゃないか・・とか。 

ですが。 

できるわけがありません。今は。 

でも、もっと長ーーいスパンの人類の歴史の中で考えたら、実は今の状態も単なる通過点でしかないかもしれないんです。 

もっと国が集約されて、それこそ今の大陸くらいの単位で国としてまとまってバランスしていくようになっていくこともあるかもしれません。 

なんだかんだ言って、人間は優秀です。 

本当に危機が迫ってきたら、それなりに協力しあって、乗り越えていく潜在力は絶対もっているんじゃないかな・・と、思えるんですよね。 

希望的観測だと言われるかもしれませんけど。