"BOKU"のITな日常

テクノロジー以外にも、日常には、面白そうな”イット”がつまってるんだな

1分間に6メートル分だけ速く歩けば、死亡リスクが0.88倍に減る!?

歩行速度で秒速0.1メートル/秒。 

つまり分速6メートルですね。 

それだけ、歩行速度が上がるごとに、死亡リスクは0.88倍になる。 

つまり、減るらしいんです。 

ピッツバーグ大学医学部の論文の結論です。 

発表されたのは2011年なので、ちょっと古い話なんですけど、恥ずかしながら、自分は数日前に知りました。

 この論文のタイトルは『Gait Speed and Survival in Older Adults』です。 

平均年齢73.5歳の3万4485人対象の調査なので、さすがに、自分の年齢とはかけ離れてますけど、興味あるデータではありますね。

f:id:arakan_no_boku:20170828223412j:plain

これは興味ありますね。

もともと、歩くという行為は健康にいいです。

それに、歩くスピードが速くて、元気のない年寄りは、ほぼいません。 

よちよちと遅いスピードでしか歩けないと、お年寄り感は増えます。 

歩くスピードと元気さは正比例する。

少なくとも、ゆっくり歩いていると老けてみられるのは間違いない(笑) 

しかも、歩く速さって、ちょっと意識すれば改善できます。 

速く歩こうとすると、自然に大股になりますし、プラスアルファの効果も期待できるみたいですし。

siri-tai.com

 

正確に測るのは無理だけど、ちょっとだけ速く歩くことだけは意識しよう。

そう思える情報ではありました。