"BOKU"のITな日常

テクノロジー以外にも、日常には、面白そうな”イット”がつまってるんだな

デスマーチプロジェクトの火消し中、歩きながら眠ってしまった経験

f:id:arakan_no_boku:20190321202553j:plain
 ニア過労死・・的な体験をして、人生観が変わった。

そんな思い出の話です。

当時。

とあるデスマーチプロジェクトの火消しを担当してました。 

通勤時間も惜しいと、単身で会社にアパート借りてもらうという、ひたすら仕事に集中せざるをえない環境でした。

深夜残業当たり前で、時々徹夜。 

ほぼ、まるまる1月休み無し。

1週間のほとんどを、会社のソファで寝て、アパートにも滅多に帰れない。 

そんな状況でした。

管理職だったので残業手当はありませんが、残業時間が200時間越えどころか、300時間に近いかも・・・みたいな・・もう、無茶苦茶です。 

それでも、不思議なもんで元気でした。

アドレナリンが出まくっていたんでしょうね。

 そんなことを数ケ月続けてたある日。 

客先に行く日だったので、シャワーを浴びて、まともな服装に着替えなきゃいけないと、アパートに戻ろうと歩いていました。 

別にふらふらしてたわけではありません。

多少、体はだるいけど、その程度。

元気いっぱいのつもりでした。

でも。

歩いている最中に、一瞬、目の前が白くなる感覚がしたのです。

もう、唐突に「ふっ」と。

気がつくと、目の前の風景が変わってました。

何が起きたかわからなくて、ボーゼンとしてたのですが、気をとりなおして、周囲を見渡すと、さっき自分の歩いていたはずの場所が後ろに見えます。

20メートル位すすんだ場所にいたんです。 

テレポーテーションしたような感覚です。

その間には自動車の通る道路があります。

どうも、歩いている最中に瞬間的に眠って、そのまま歩いて道路を渡ってしまった。 

そういうことらしいと気づいたら、膝がガクガクと震えてしばらく歩けませんでした。 

だって、自動車が走ってきてたら・・。

間違いなく死んでました。

たまたま、早朝で自動車も走ってなかったから助かりましたけど。 

 

後で知ったのですが、マイクロスリープって状態だったみたいですね。 

f:id:arakan_no_boku:20170916105801j:plain

 

自分は運がよかったです。 

運の悪い人なら、ここで死んでるんだろうな・・。 

そう思うと、いろんなことが、一気にどうでもよくなりました。 

スケジュールが遅れている?・・それがどうした。

偉いさんの顔がつぶれる?・・知らねーよ!

売上がどうのとか、プロジェクトの利益がどうとか・・だから何?

ってな感じです。

別に誰かの命がかかってるわけじゃない。

最初から無理を承知でやっていて、手抜きしてたわけじゃないですから。

整理しなおして、現在の体制で可能なスケジュールに引き直して仕切り直し。

それしかないでしょ・・現実的には・・って感じです。

もちろん。

突然、態度を変えたので、客先や会社から、ボロクソ言われました。

お前には仕事に対する責任感はないのか!とか・・(笑)

客先から呼び出されて脅しをかけられたりもしました・・けど。

命と引き換えにしないといけないような「責任感」なんかクソクラエだと、開き直れたおかげで、自分は今、元気に健康に生きてます。

まあ。

気持ちの持ちようが変わったからといって、デスマーチプロジェクトから逃れられたわけではないですけど、人生観が変わるような、でっかい経験ではありました。

拾った命は大切にしないとなあ・・。

今は、もう、それだけです。