アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ロボットや人工知能がちょっとマシになったから、人間様の仕事を一部やらせてやってもいいよ・・がホントでしょ。

ロボットやAIに人間の仕事が奪われる。 

そういう不安を煽るニュースが増えてます。 

例えば、日経新聞のこれ。

www.nikkei.com

あと、これとか。

www.technologyreview.jp

 

ニュースに隠れた裏メッセージ

 

これらのニュースには、明確なメッセージがあります。 

ようするに。 

ロボットで代替できる仕事しかできない人間はいりません。

ということです。

まず、「ロボットやAIができる範囲で勝負したら、人間はロボットやAIに勝てない。」ということが前提にあります。

正確さもスピードも、人間より上。

コストに関してはくらべものにならない。

だから、ロボットやAIを導入したら、その部分は人間を減らして当然。

会社の利益になるからね。

まあ。

そうでしょうね。

それについては、異議ありません。

でもねえ。

ロボット様に仕事奪われて泣きたくなかったら、おまえらも頑張れよ。

そういうメッセージが隠れている気がちょっとして。

だとしたら、それは違うなと。

正直、上から目線で気分悪いなと。

実際。

違うと思うのです。

ロボットや人工知能の能力が低くて役に立たないから、仕方なしに、人間がわざわざやってあげてた。

でも。

ちょっと使えるようになってきたから、人間様の仕事を一部やらせてやってもいいよ。

そういう話だと思うんですよ。

だから、人間の仕事を奪われた=人間が負けた・・ということではありません。

人間の仕事の一部を譲ってやるよ・・と、まあ、そういう感じです。

 

 ロボットや人工知能には、まだ、決定的にできないこともあるしね。

 

負け惜しみじゃねーか!

そういう声が聞こえてきそうな気がします。

いやいや。

そういうことではないです。

確かに。

ロボットや人工知能は、同じことを正確に繰り返すとか、予め答えのわかっているものに当てはめるとか・・そういうことについては人間よりかなり速く・正確にします。 

でもね。

そうするためには、人間がちゃんと学習させてあげないといけません。 

学習用データが不適切だったり、ノイズ(間違い等)が多かったりすると、まったく役に立たない可能性もいっぱいあります。 

しかも。

ロボットや人工知能は機械なので、設定をしたり、メンテナンスをしたり、世話をしてやる人間が必要です。

まだまだ、自己修復できるわけではありませんから。 

新しい作業場所で利用可能な状態にするにはセットアップする人間も必要ですし。 

ロボットや人工知能だけで完結するサイクルはないんです。 

だから。

ロボットや人工知能の周囲には、新しい人間の仕事が生まれます。 

テレビとか見てると、家電うんちくタレントなんか、よく見ますよね。 

あんな感じで、ロボットうんちく・人工知能うんちくがタレントのジャンルになる可能性もあったりですね。 

例えば。

  • 高齢者が増えたから介護の仕事が増えた
  • 自動車が普及したから馬車や牛車がつかわれなくなった

みたいに、時代が変わっていくので、なくなる仕事もあるけど、生まれる仕事もある。 

それだけのことです。 

あと。

介護とか保育みたいな、現在だと労働環境が厳しくて人手不足が慢性化しているような職場で、労働条件を改善できる方向で、ロボットや人工知能が手助けするみたいな部分とかもあるでしょうし。

人工知能やロボットは、人間のパートナー。

戦う相手ではありません。

そこを勘違いすると間違うと思うわけです。