"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

悪気のない失礼だから許してと言う人を自分は嫌いです。

どういう行為を「失礼な行為」とか「迷惑な行為」と感じるか?って、人によって感じ方は違うのだから画一的に対応するのは無理です。

基本、自分が嫌だと思ったら率直に相手に伝えて、言われた相手はそれを素直に聞いて対応の仕方を工夫する・・という個別調整でしか解決できないと思うんです。

f:id:arakan_no_boku:20180825222105j:plain

 

親切でやったことでも、相手には迷惑かもしれない

 

同じ行為をしても相手が「どう感じるか」によって、迷惑にもなるし、親切にもなるということを思い知った出来事がありました。

昔の話で恐縮ですが。

20代の前半頃まで自分はバイクが趣味で、400CCの中型バイクで、休みになると一人で九州とか四国とか数日かけてツーリングをしてた時期があります。

そんな時の話です。

 

ユースホステル

 

普段は、宿泊するのも野宿だったり、素泊まりの安宿だったりが多いです。

でも、ある時、ユースホステルを知って、一度宿泊してみることにしました。

ところが、困ったことがありました。

ユースホステルは、フレンドリーな人たちが集まるのか、やたらと集まったり、声をかけてくる人が多いのです。

ひとりでいたい自分には、とても居心地が悪いです。

仕方なく、他の宿泊客が集まっている部屋の外(ふとん置き場みたいなとこ)の隅っこで、壁にもたれて本を読んでました。

すると。

長髪でギターを抱えて満面笑顔のお兄さんが、むこうの方で場を仕切り始めて、「みんなで歌おう」なんてやり始めたわけです。

まあ、別に歌声が聞こえるくらいなら問題はありません。

ところが、その中の誰かが「彼も仲間にいれてあげようよ」などと言いだし、こちらに来て満面の笑顔で「いっしょに歌いましょう」などと言うわけです。

これにはまいりました。

 

親切の押し売りは立派な「失礼」だと思った

 

もちろん、断りました。

きつくじゃないですよ。

普通に「有難うございます。でも、自分はひとりで読書をしたいのです。参加しないでおきます。」と言いました。

すると。

凄い顔をされました。

笑顔の中の眼が笑ってないという感じ。

どうも。

断るヤツがいることを全く想定していなかったっぽいです。

それから、しつこく言われて、正直閉口し、傷つきました。

せっかくの読書も気持ちがのらなくなって、ずっと面白くなかったです。

で・・思ったのです。

親切や好意の押し売りも、立派な迷惑行為=失礼だよなと。

絶対、悪気はないのだろうけど、だからって迷惑なことには変わりないなと。  

 

一番嫌いなのは「悪気のない失礼だから許して」という奴

 

まあ、ユースホステルの一件は、それでもマシな方でした。

多少、お互いに気分を害したかもしれませんけど、それだけのことで済みましたから。

ところが、世間にはもっと始末に負えないのがいます。

いろいろ構ってくるのを、嫌だからやめてくれないかなと、やんわり伝えているにも関わらず、逆切れするヤツとかです。

そういう輩は、「悪気があってのことじゃないのに、そんな風に言うなんてひどい!友達なのに!」なんてことを言うわけです。

まあ。

無茶苦茶です。

相手が失礼と感じた時点で、それは「その人にはしてはいけないこと」であって、悪気があるかないかなんて、まったく関係ありません。 

客観的に見れば、まず「悪気がないんだから許せよ」と言っている時点で、こいつは間違いなく「確信犯」なのだと、自分には思えます。

悪気がない・・などと自分を正当化している時点で、十分な「悪気」がありますし。

こういう風に言っておけば、こいつは反論できないからな・・とか。

友達だって言っとけば、まだ使い道もあるしな・・とか。

なにより、自分が上の立場で主導権をとってることを教えとかないとな・・とか。

そういう腹黒い言外の思考がビンビン伝わってくる気がします。

だから、こういう奴は無条件に嫌いです。

人間として。

まあ。 

むこうも、そう思ってるんでしょうけどね(笑)