"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

定年退職前に変に気を使われるのは、余計なお世話(笑)です。

定年退職が間近に迫ってます。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

 

年齢だけで切られてしまうのは面白くない。

 

とは言いながらも、会社の規則ですからね。

 

受けいれて粛々とやっていこうとは思ってます。

 

定年後は継続再雇用で働こうと思ってます。

とりあえず。

 

ただ、その後65歳までそのままいるか、新しい仕事にチャレンジするのか。

 

今は、わかりません。

 

まだ「気持ちは枯れてない」ので、仕事をやめて趣味に生きるとか・・そんな選択肢はまったく考えてません。

 

仕事が好きなわけではありませんけど。

 

単に、仕事をしていないと、休みの日が楽しくないだけです。

 

定年退職前から空気が変わってくるのを感じます

 

定年後再雇用を決めました。

 

再雇用後は、給料は半額になるし、勤務時間も1時間短い短時間勤務になります。

 

正社員じゃなくて、有期雇用の契約社員に変わります。

 

役職とかもなくなりますしね。

 

今まで部下だった若い社員の部下という格好になります。

 

かなり、働く環境としては変化があります。

 

でも、それ自体は全然大丈夫です。

 

別に地位や権力にこだわるほうでもありませんし、上から目線で若い人たちに偉そうにいいたいとかもありません。

 

自分の仕事のやり方を押し付けるような気もありません。

 

もともと、そういう行為は、「老害」であり、百害あって一利なしの典型だから、絶対にやっちゃいけないと思っているほうですから。 

 

そこは全く問題ありません。

 

でも年寄り扱いされるのは面白くない

 

周囲の空気感が変わってきました。

 

なんか、気を使われている感じがします。

 

それが、急に年寄り扱いされているようで・・・。

 

面白くないわけです。

 

むこうに悪気はなく、単に「定年だからちょっとのんびりしてください」的な優しさで気をつかってくれているのもわかります。

 

だから、素直に「ありがたい」と思ってればよいのですけどね。

 

そんなに素直に急になれるわけもありません。

 

逆に、よけいやお世話だ!と思ってしまう。

 

言葉は悪いですが、「なんか、理由もなくムカつく」のです。

 

まあ・・、客観的に見れば、単なる意固地な困った親父が言いがかりをつけている・・ということになるのはわかってるんですけど(笑)

 

それがモチベーションになってるのも事実ですけど

 

かと言ってですね。

 

ムカつくなあと思いつつも、「年寄り扱いするな!」なんてゴネるわけにいきません。

 

それをしちゃうと典型的な「老害高齢者」になってしまう。 

 

だから、そこはぐっとおさえないといけない。

 

でも、面白くない。

 

いやはや、なんとも複雑です。

 

でも、皮肉なことに、それがプライベートで勉強するモチベーションになってくれてるのも事実です。

 

口でぎゃあぎゃあ言うのは大人げないから我慢する。

 

でも、くやしいから、どっかでチャンスがあったら、力のあるとこ見せつけて吠え面かかしてやろう!的な気があるわけです。

 

だから、ピークの力を維持しておこうとか、もっと、勉強して新しいスキルを身に着けてやろうとか考えるので、見事なスキルアップのモチベーションになってます。

 

なんとも、ねじれたモチベーションではありますけど(笑)。

 

でもね。 

 

歳を取ると、気力がなくなってくるという人も多いですからね。

 

くだらない理由だろうが、モチベーションの動機づけが無いよりはマシです。

 

 

多少、困ったヤツになっているにしても。

 

 

物分りよく、周囲の親切を受け入れて、穏やかな笑みを浮かべながらボケていくより、多少ひねくれてても、ボケないように前を向いて何かをやっている。

 

そんなヤツの方がいいですよね・・。

 

絶対。

 

関連情報

頑張りたいな中高年カテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com