"BOKU"のITな日常

BOKUが勉強したり、考えたことを頭の整理を兼ねてまとめてます。

ブラック企業にはブラック社員になって自分を守るしかないんだな

f:id:arakan_no_boku:20191012122349j:plain

昭和の高度成長期から見れば、日本の会社はずいぶんホワイトになりました。

でも、ブラック企業は、絶対にゼロにはなりません。 

僕らが生きているのは「天国」じゃないですから。

ブラック企業のいやなところは。

仕事の「やりがい」で従業員を騙す・・というか洗脳するところです。

真面目で責任感がある。

そういう日本人特有の「美点」につけこむ、すごい汚いやり方です。

こういう『死ぬくらいなら辞めればいい』の判断力すら失うような目にあわされている人の体験談を読むと、本当にぞっとします。

www.huffingtonpost.jp

 

当たり前の話。

自分の健康と引き換えにしてよい仕事はありません。

自分の大切な方・・当然、自分の命と家族・・を守るより大事な仕事もありません。 

最近、とても気に入っているCMがあって。

ダイハツハイゼットカーゴのCMです。

その「あなたの一番大切な仕事は、毎日無事に家に帰ってくることです。」というセリフにはまってます。


ダイハツCM 松山ケンイチ【働くヒーロー 安全安心】篇

例えば、家族とか恋人とか親とか。 

そこに健康で元気に毎日帰る。

それができないと思ったら、仕事のほうを変わるべき・・。

でも、そんなこと実はみんなわかってます。

それでも絡めとられてしまう人がいる「ブラック企業」にあっても、洗脳されないようにするにはどうしたらいいのか?

そこが悩ましいなと思ってました。

 

ブラック企業に対応するには、どうしたらいいのか?

そのヒントが、たまたま読んだ本の中にありました。

この本です。

データで読み解く中国の未来―中国脅威論は本当か

データで読み解く中国の未来―中国脅威論は本当か

 

この本によれば。。

中国の会社は、国営企業や国の関与が大きな中央の大銀行や大企業を除けば、全てがブラック企業である。

経営者が社員の福祉を考えることはない。

会社は社長がお金を儲けるための道具であり、企業の社会的責任を考えることはない。

だそうです。

でも、過労死とか過労自殺なんでするやついないよ・・とあります。

その理由は

中国ではブラック企業で働く社員も全員ブラック社員である。

会社に対する忠誠心など一かけらもない。

高い給料を払う会社が現れれば、直ぐに会社を移る。

いくら世話になった会社でも、その会社の特許や技術を盗み出して、平気で他の会社に変わる。

独立することもある。 

だそうです。

アハハハハ。 

素晴らしい。

なるほど、社員もブラックなら、そりゃあ過労死も過労自殺もないわな。

納得です。  

 

理屈はわかっても、「真面目で責任感が強くて、企業への忠誠心もある」そんな日本人ですから、いきなり中国ばりの「ブラック社員」に皆がなれるとは思いません。

でもまあ。

ひとつのヒントにはなります。

ブラック企業にはブラック社員になって自分を守る・・・のですけど、中国みたいな「本物のブラック社員」(笑)を目指すわけではない。

だから

会社に対する忠誠心など一かけらもない。

なんてこともありませんし。

その会社の特許や技術を盗み出して、平気で他の会社に変わる。

 なんてこともしません。

だけど、その上澄みくらいはすくいとって、必要以上に、みんなに良い顔をしようとしない「プチブラック社員」になって、身を守る。

このくらいがハードルも低いし、経験的に、それでもかなり目的は達成できることがわかってるので、ちょうどいい塩梅かな。

そんなことを思っております。

ではでは。