"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

MariaDBとMySQLとPercona Server。MySQL互換で3つあるけど、自分はモンティさんのMariaDB押し。

新しいパソコンにDBMSを入れなおそうとしてます。

もともとMySQLを使ってましたけど、今はMariaDBを選びます。

f:id:arakan_no_boku:20190223222640j:plain

 

MariaDB

 

MariaDBは、MySQL ABの創始者である「Michael "Monty" Widenius(以後、モンティさん)」が中心になって開発しているプロダクトです。

モンティさんの2番目の娘の名前というMariaDBの名前の由来エピソードも有名です。

でも、それだけではありません。

Googleはじめ、多くのLinuxディストリビューションが、MySQLを捨てて、MariaDBの載せ替えるなど、ものすごい勢いで伸びてきているプロダクトでもあります。

readwrite.jp

 

 さてMariaDBをインストール

 

今回は、オフィシャルダウンロードサイトから、MariaDBの最新バージョン(10.38)をインストールします。

f:id:arakan_no_boku:20180728144720j:plain

インストール自体は、インストーラをダウンロードして、Nextをポンポンと押していけば終わるので、特に書くこともありません。

唯一、注意が必要なのは、途中でデフォルトの文字コードUTF-8にするというチェックボックスがあるところ。

これはデフォルトではOFFなので、チェックしといた方が後でiniファイルを触る手間が少しだけ省けます。

 

MariaDBに過去バージョンが必要な理由

 

よく見ると10.2、10.1、5.5まで過去のバージョンはすべてダウンロード可能になっています。

今回は、とりあえず最新版でいいのですが、MySQLを使っている既存システムが、まだ結構ありますから。

互換をとるために意識しないといけないからです。

対応するバージョンはこんな感じらしいです。

MySQL MariaDB percona Server
5.5 5.5,10.0 5.5
5.6 10.1 5.6
5.7 10.2 5.7

 

ちなみに、percona serverは、文字通り、MySQL互換のDBです。

www.percona.com

 

今後の方向性は

 

MySQLは8.0がでています。

MySQLは5.7の次が、いきなり8.0になってしまったのですねえ。

percona serverは、だいたい3~4ケ月遅れで、対応するバージョンを出してきているので、きっと、おっかけ8.0相当を出すんでしょう。

MariaDBは10.3がでています。

perconaのこの記事によると「MariaDB 10.3は、MySQL 8.0から次第に逸脱する方向」だそうです。

www.percona.com

翻訳して引用すると・・

MariaDB 10.3は、MySQL 8.0から次第に逸脱する方向へ向かっています。1つの明白な例はMySQL 8.0のために現在開発中の内部データ辞書です。これは、メタデータがサーバー内で格納および使用される方法への大きな変更です。

MariaDBには、同等の機能はありません。

この機能を実装すると、MySQLMariaDBの間のデータファイルレベルの互換性がなくなる可能性があります。

実際。

MariaDBは、MySQLと共通のコードも相当少なくなってきているらしいです。

いいんじゃないですかね。

逸脱していっても。

 

MariaDB10.3で、Oracleに喧嘩を売ろうとしてる?

 

ちなみに、10.3で面白いのが、PL/SQLが使えるようになったこと。

どうも、MariaDBMySQL互換という枠から離れて、真っ向から、OracleSQL Serverとかのエンタープライズ向けDBとしても勝負できるようにしようと考えているっぽいですね。

www.publickey1.jp

特にPL/SQLなんて。

Oracleの客をとってやるぞ!的な挑発に見えてしょうがありません。

いや、実際にそうなんでしょうね。

 

モンティさん格好いいです

 

モンティさんの最近のインタビュー記事を見ると、すごいアグレッシブなことをいっぱい語っておられます。

enterprisezine.jp

気になった下りを引用すると。

実際Oracle Databaseには多くの機能があるので移行は一筋縄ではいきません。しかしありがたいことに、多くの人にとって必要な機能は一部のみです。シンガポールDBS銀行は彼らの大きなアプリケーションをOracle DatabaseからMariaDBに移行しました。PL/SQLサポートを追加したからできました。移行でかなりの節約になるはずです。

とか。

ここに来る前もホテルの部屋でコードを見ていたくらいです。開発者が名声を高めたり、収入を得るためにマネージャーになる例をたくさん見てきましたが、馬鹿げています。開発者のままで昇給できるように、さまざまな階級を作るべきです。 

 とか。

ラクルがMySQLを改善するとしても、Oracle Databaseよりも良くなるようにはしません。Oracle Databaseが大事な収入源だからです。オラクルがMySQLを開発しているのは、開発しないとMariaDBにユーザーが流れていってしまうからです。

 とか。

なんか、ズバズバと凄いことを言ってます。

なんか、レベルが違いすぎますけど、開発に携わっている人間としては、あこがれてしまうようなエネルギーを、インタビューからだけでも感じられるのは、すごいですよね。

いや・・、かっこいいなと思いますよ。