"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

モバイルマルウェアの99%以上がAndroid向け。マルウェアプリインストール機まで!?

Androidスマホに変更したので、いろいろ調べてみたら、思っていた以上にAndoroidはヤバイ環境だな・・というのが今回のテーマです。

f:id:arakan_no_boku:20190330223940j:plain

 

そもそもハードがヤバイ(笑)

 

本体は、Huawei(ファーウェイ)です。

アメリカに圧力掛けられている中華スマホです。

www.digima-news.com

Androidの中華スマホは「ヤバイ」と思って避けてきたのですが。

通信料の安いプランで機種限定だったので致し方なく決めました。

そしたら、変えてすぐくらいにきな臭い話がではじめて、今やこれですもんね。

japanese.engadget.com

もう少し待ってたら他のメーカーに変わったらしいんですけど、後の祭りです。

 

マルウエアに関しては、Androidは「最高にヤバイ」

 

Androidスマホは、犯罪者集団にとってのホームグラウンドみたいで、2013年の時点で既に、モバイルマルウエアの99%がAndroid向けだったらしいです。

たぶん、今も変わってないでしょうね。

internet.watch.impress.co.jp

まあ。

考えてみれば当たり前ですね。

Androidスマホのシェアは圧倒的です。

news.mynavi.jp

かつ、いろんなメーカーがAndroidスマホを作っているので、Apple1社生産のiOSと比べて、最新バージョンへのアップデートとか、セキュリティパッチとかの適用をもれなく行うのが難しいところがある。

にも拘わらず、機能だけは豊富でお金になる情報のやり取りをする人も多い。

例えれば。

他と比較して戸締りがルーズな金持ちの家みたいなもんだから、犯罪者集団が放っておくわけないです。

サイバー犯罪者がスマートフォンを狙う10の理由 | マルウェア情報局

まさしく「ヤバイ」。

 

パソコンでは考えられない「マルウエアのプリインストール」

 

なによりもビビったのがこれです。

iphone-mania.jp

jp.techcrunch.com

マルウエアのプリインストール!??

こうなったらお手上げですね。

スパムやアプリインストールでいくら注意していても、出荷時点でマルウエアやバックドアが仕込んであるとどうしようもない。

さすが「中華スマホ」というべきか・・・。

 しかも、自分が持ってるメーカーだったりするし・・。

有償でウィルス駆除ソフトを入れて検出しても、ファームウエアに埋め込まれているような代物を完璧に駆除できるかどうかわからいし、ひょっとしたらウィルス駆除ソフトも偽装ソフトかもしれないし。

eset-info.canon-its.jp

何を信じていいのやら・・って感じです。

 

開き直って使うしかないんだよね

 

結局。

Androidスマホは「まだ」安全じゃない。

それを認めて、開き直って使うしかないです。

つまり。

  • スマホの個人情報はだれかに流出しているだろう。
  • 電話やメールの内容はきっと盗聴されているだろう。
  • 撮影した写真は誰かにこっそり見られているだろう。
  • 位置情報はきっと誰かに把握されているだろう。

そうあきらめて、「それで支障のない範囲でしか使わない」ということです。

名前とメールアドレスと電話番号なんて、どうせ、どっかから情報漏洩か名簿売られてすでに出回っているでしょうから、気にしない。

聞かれて困る内容の電話やメールはしない。

撮影する写真だって見られて困るものは撮影しない。

どこにいるかなんて知られても困るような場所にはいかない。

当たり前ですが、Androidの中華スマホで「買い物」したり「電子マネー」したり「インラインバンキング」したり「家の鍵かわり」になんか絶対しない。

それしかないですね。 

それでも、自分には十分便利ではあるので。