アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

tensorflowをWindows10にインストールしなおしたり、 Colaboratoryを使ってみたり。(バージョン1.11)

TensowflowをWindows10にインストールする記事は、以前にも書いたのですが、installページとかが大きく変わっているので、書き直すことにしました。

前のPCのCPUでAVX命令がサポートされておらず、Tensowflow 1.6以降が動かせなくて新しいPCを買ったりしてたので、すっかり間があいてしまいましたし。

f:id:arakan_no_boku:20181010234204j:plain

 

変わっていたinstallページを、まず確認

 

Tensowflowのインストール情報は、本家ページ(英語)にあります。

www.tensorflow.org

CPUオンリーと、GPUサポートで、それぞれ「 Nightly build」というのが増えてます。

毎晩行うビルド=本当の最新ビルドなのですが、自分は、それより安定版を望むので「 Nightly build」でない方を選びます。

Dockerのイメージも提供されていますが、これは「GPUサポート用」みたいなので、CPUオンリーの自分には向きません。

今回はパスです。

 

Google Colaboratoryを少しだけつまみ食い

 

Google Colaboratoryも提供されてます。

これは、インストールすら必要ありません。

無料で使えるクラウドの Jupyter ノートブック環境です。

ブラウザ上で、いきなりTensowflowを動かして試すことができます。

f:id:arakan_no_boku:20181009004633j:plain

ためしに、新しいノートブックで適当なコードで動かしてみます。

f:id:arakan_no_boku:20181009005228j:plain

そこで、この記事に書いたコードを動かしてみました。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

新しいノートブックにコードを入力して、実行ボタン(赤丸の中)を押します。

(コードは、上記の記事からのコピペです)

f:id:arakan_no_boku:20181009005830j:plain

ちょっと時間をおいて結果が表示。

f:id:arakan_no_boku:20181009010037j:plain

いいですね。

ちょっとしたコードを、試すには超便利です。

とはいえ、自分のネットワーク環境では、少々ではなく遅いので、やっぱりインストールはしておこうと思います。

 

tensowflowのインストール

 

インストールページには、以前、あったAnacondaを使うパターンがなくなってます。

Install TensorFlow with pip  |  TensorFlow

 代わりに、VertialEnvを使う方法が書かれてます。

何故かなと思ったら、Anacondaのデフォルトが「Python3.7」に変わっているからみたいです。

f:id:arakan_no_boku:20181010221034j:plain

ところが、TensowFlowは、python3.7には対応していません。

Requires Python 3.4, 3.5, or 3.6

だからだと思います。

でも、Anacondaのカレントバージョンが3.7でも、Condaでpython3.6の環境を作ればいけるので、「tensorflow」という名前で作ります。

conda create --name tensorflow python=3.6

ちなみに、Python 3.6をルート環境にインストールするなら、こうです。

conda install python = 3.6 

 

もしくは、AnacondaのアーカイブからAnaconda 5.2.0(Python3.6)のインストーラをダウンロードする方法もあります。

別にAnacondaにこだわらないなら、インストールページにある通り「VirtualEnv」を使う方法でもいいです。

さて、手順です。

Anacondaのインストールはこのあたりのページを参考にしてください。

weblabo.oscasierra.net

Anacondaのインストールができている前提で、cmdなどを立ち上げます。

まず仮想環境「tensorflow」を作ります。 

conda create --name tensorflow python=3.6

それで、仮想環境をアクティブにします。

activate tensorflow

 pipのアップグレードをします。

python -m pip install --upgrade pip

これをやらないと、tensorflowのインストール時にエラーになる時があります。

そして、TensowFlowをインストールします。

pip install --upgrade tensorflow 

なお、たまにTensorflowの最新バージョンをいれたくない時もあります。

そんな時はバージョンを指定していれます。

pip install --upgrade tensorflow==1.10.0

正直、今(2018/10/15時点)は、1.10.0をいれておくのをお勧めしますけどね

こんなことがあるので。

 

どちらにせよ、以下のようにSuccessFullyがでればOKです。

f:id:arakan_no_boku:20181010223243j:plain

念のため、インストールの確認です。

 python -c "import tensorflow as tf; print(tf.__version__)"

これで、バージョンが表示されればインストールはOKです。

f:id:arakan_no_boku:20181010232627j:plain

なお。

これで動かなかったら、CPUがTensowFlow1.6以上の要件を満たしていないので、上記のバージョン指定で、1.5.0でインストールしなおしてください。

ではでは。