"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

Neural Network Consoleに個人的に勝手に期待していること

Neural Network Consoleへの個人的な思い入れと個人的に勝手に期待していることなどを書いておこうなどと思っております。

f:id:arakan_no_boku:20190302141118j:plain

 

レアなTシャツいただきました( ^)o(^ )

 

先日、ひょんなことで、中津川さん(株式会社MOONGIFT代表取締役)と、立ち話でNeural Network Consoleについて会話する機会がありました。
moongift.co.jp

お会いした時に、SONYロゴのTシャツを頂きました。背中に、Neural Network Console/Neural Network Librariesと書かれた、実にレアなTシャツで、うれしい限りです(*^▽^*)。

f:id:arakan_no_boku:20190302141753j:plain

 

 

初めての非エンジニアの為のディープラーニングツールだと思った

 

さて、本題です。 

自分が Neural Network Consoleをいいなと思った理由です。

それは「やる気がある文系&非エンジニア」が使える「オンリーワンなディープラーニングツール」になる可能性を感じたからです。

イメージ図にするとこんな感じ。

f:id:arakan_no_boku:20190304220633j:plain

 

やる気がある文系&非エンジニア向けツール

 

そもそも。

ディープラーニングという技術は、「やる気がある文系&非エンジニア」にとっては、敷居が高いです。

本を読むにせよ、ちょっと試して感触をつかもうとするにせよ、最初の段階で2つの壁に阻まれてあきらめたって人も多いんじゃないですかね。

かといって。

この「数学とPythonの壁」を意識しないですむレベルの本だと、概要レベルの内容になってしまいますから、実務につなげるのは厳しい。

悩ましいところなのです。

 

それでいいじゃないかという意見もあるのは承知です

 

こういう話をすると、エンジニア系の人たちからは、「それで何の問題があるの?」という反応があります。

ディープラーニングは難しくて当然だし、理解するのに数学的基礎やプログラミングの素養が必要なのも当然だろう。

ある程度スキルのある人間にとって、今のディープラーニングを取り巻く環境は決して複雑すぎないし、十分に学習の難易度も下がってきてる。

それなのに、なんで、そんな基礎スキルもない「やる気がある文系&非エンジニア」にこだわる必要があるのか・・意味がわからない。

なんてことを言われます。

でもね。

違うんだよな・・と自分は思います。

 

なんで、違うのか。

自分は、ディープラーニング技術(人工知能/AI)って、そんな特別な人だけが使えるものにとどめとくとがもったいないと思うからです。

もともと。

日本の強みは「こなれた技術を現場に取り込んで小さな改善を積み重ねて実利を得る」部分にあります。

なので、ディープラーニング技術(人工知能/AI)に関しても、そういう現場実務への応用ノウハウ・技術をもって、勝機を見出す方向性で使えないといけないなという思いがあります。

 

勝機を見出すのを妨げる絶望的なミスマッチ

 

なのですが。

人と機会のアンマッチを感じます。

まだまだ、ディープラーニングは「特別な人が使う技術」にとどまってます。

なので。

ディープラーニングに必要なスキルがある人間(理系&エンジニア系)が現場にいる確率は極めて低いので、現場の問題には気づけない。

現場には、ディープラーニングの基本的なスキル・知識を持った人間がいないので、問題があっても、ディープラーニングを使ったソリューションに思いがいたらない。

そんなことがおきているように見えます。

たぶん、技術者と現場の間をつなぐ人たちが必要なのです。

そういうつなぐ役割を担うキーマンになる、現場の「やる気がある文系&非エンジニア」が使えるディープラーニングツールこそ必要なんじゃないかと思います。 

 

Pythonぬきで、ある程度までやれるツールが望ましい

 

じゃあ。

やる気がある文系&非エンジニアが使えるディープラーニングツール・・って、どんな感じか?なんですね。

いろいろ意見はあるでしょうけど、自分としては、以下の図の左側赤枠の部分を「NO PYTHON」でやれることが必要だろうと思っています。

f:id:arakan_no_boku:20190306211402j:plain

 

 

なぜ、「NO PYTHON」なのかですが。 

アイディアを仕事の隙間時間で、ざっくり試せることが重要だからです。

現場は忙しいですから、Pythonや数学の勉強している暇はありません。

 

そう考えると、 Neural Network Consoleって、うってつけの気がします。

どんどん、進化もしてるみたいですし、本当に「やる気がある文系&非エンジニア」が使える「オンリーワンなディープラーニングツール」になって、EXCELみたいに社内の会議なんかのデモンストレーションに使われるようにとかなったら・・。

面白いことになりそうな気がするんですよね。

ではでは。