"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

ネット広告だって、毎日同じ広告ばっかり表示されるとつまらないぞ

パソコンに表示される広告とはいえ、毎日同じものばかりが表示されるとつまらない・・という、まあ、とりとめのない話です。

f:id:arakan_no_boku:20190301193447j:plain

 

実は広告を結構楽しみにしてます

 

広告を邪魔にしている人がたまにいますけど、自分はそうではありません。

新しい知識を増やすのに役立つ情報源のひとつとして、重宝しています。

日々、日経新聞デジタルをはじめとするネットのニュース媒体とか、ブログなどからアンテナとかをチェックしながら、引っ掛かるネタを見つけて、本などで深堀していくみたいなことを日々やってるのですが、それでも、見落としてる情報って結構あります。

そういう「見落としてたな情報」が、たまに広告にポッとが現れるときがあります。

そんな時の「おっ」という感じは捨てたものではないです。

まあ・・「変わり者」かもしれませんが。

 

最近ワンパターンの度が過ぎる感じが

 

そんな感じで広告を見てるので、Googleアドセンスのようなターゲティング広告は割合気に入ってます。

個人的には・・ですけど。

自分の趣味・嗜好にあわせた広告を選んで表示してくれるという点をネガティブにとらえる意見も最近増えてますが、利用する側が節度をもってやってくれるなら、自分で探しに行く手間が省けて、ちょっとだけ便利というメリットはあります。

もちろん。

この「節度をもって」という部分があいまいで難しく、この辺を書きだすとキリがないので、一旦おいて、話を戻します。

自分はネット広告が嫌いではありません。

ですが。

最近ちょっと不満に思うことがあります。

たぶん、Googleアドセンス特有の問題だと思ってます。

もちろん、どれが、Googleアドセンスで、どれが違うのか?とか厳密に印がついているわけではないのですが、自分のブログの広告はGoogleアドセンスだとわかっているので、自分のブログの記事をチェックしてから、他のサイトにいったときに、同じ広告が表示されていたりするので、アドセンスかな・・と推測してるということです。 

その不満は何かというと。

表示される広告がワンパターンで変化に乏しいです。  

 

毎日毎日同じ広告を見たいわけがない

 

とにかくね。

毎日毎日表示される広告が同じものばかりなんです。

確かに。

仕事のPCで検索するジャンルがかなり偏っていたりします。

それを分析した結果として、表示される広告は確かに興味があるものが多いです。

それはいいのですけど、一度見た広告を毎日見たいとは思わないです。

新しい情報が欲しいのに、ずっと同じものばかりでてくる・・。

これは、つまらないです。

もちろん。

広告の費用の最適化って観点からいくと、収益のあがる広告の表示頻度をあげるということも必要だったりするだろうとか・・なんとなくは理由はわかるんですけどね。

Googleほどの技術があれば、そのPCにおけるクリック回数が多いと、表示させる頻度を減らすとか、ランダムにちょっと外れた広告を表示してみるとか・・プラスアルファの工夫で改善できるんじゃないですかね?

 

広告だってインターネットの情報のひとつなのだから

 

まとめると。

広告だって、インターネットの情報のひとつだと考えて、広告表示も情報発信視点から見てもらえると、少し楽しくなるかもしれないなということです。

Facebookでターゲティング広告機能を制限する和解策が話題になっていますけれど。

www.itmedia.co.jp

ちょっと、絞込すぎてるような気がしますね。

人間相手なんですから。

あいまいだったり、ゆらぎだったり、多少は遊びの部分が残ってないとダメな気がするんですよ。

それに客観的に考えても。

すでに内容を見た(クリックして一定時間開いたり、ページの最後までスクロールしたとか)広告より、見たことのない広告のほうがクリックされる確率も結果的には高くなるはずなので、効果としてもあがるようにも思えます。

ま・・、居酒屋のよた話的な、ごく個人的意見ですが。

毎日、同じ広告ばかり表示されるのを見て、うんざりしたので、書いてみました(笑)

ではでは。