"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

Amazonファンだった妻が、最近、楽天市場ばかり使っているので理由をきいてみた。

うちの妻はネットショッピングが大好きで、Amazonのファンだったのに、最近は楽天市場ばかり使うようになりました。

理由を聞いてみたら、面白かったので書いてみます。

f:id:arakan_no_boku:20190801224955p:plain

 

最近Amazonの箱見ないなと思ってたんですよね

 

自分はインドア派です。

休みの日はほぼ家にいます。

対して、妻はアウトドア派なので、ひたすら外で活動しています。

なので、必然的に宅配便の受取は自分の仕事です。

もちろん、100%妻の買ったものです。

ちょっと前までは、受け取る荷物の大部分がAmazonの箱でした。

でも。

ここ2カ月ほど、Amazonの箱を、まったく見かけないのです。

どうも、ここ2カ月ほどは「楽天市場」一本みたいです。

 

女性は楽しくなくなると我慢をしない(笑)

 

妻曰く。

最近のAmazonは「全然楽しくない!」とのこと。

特に、今年になってからひどくなっているらしいです。 

楽しくない理由は、「怪しげな日本語で★5つばかり・・とか、あからさまなやらせレビューがついた商品ばかりになってしまった。」からとのこと。

つまり。

あきらかに「やらせ」っぽいレビューが大量についた商品は買いたくない。

だけど、それを避けて探しても、同じようなレビューのついた商品ばっかりがでてくる度合いが、今年になってから、ホントにひどくなった。

ここまでくると、買い物が楽しくない。

だから、使わない。

我慢してまで、Amazonを使う理由はない。

だから、比較的マシな「楽天市場」にしているだけ・・らしいです。

昔はレスポンスが遅くて嫌だったけど、最近は速くなったし・・とのこと。

笑ってしまいました。

Amazonファンだった筈なのに、楽しくなくなれば、我慢なんかしないで乗り換える。

この切り替えの速さはうらやましいです。

 

ネットでの反応とちょっと温度差がある気がします 

 

ほんとに、Amazonはそんなエライことになってるのかな?と、ググってみました。

確かに、いっぱいでてはきます。

が、1年前・2年前あたりの日付が多くて、今年になってからひどくなったというのは、あまりないです。

togetter.com

でもまあ、こんな記事がひっかかるくらいなので、妻が言う通り、やらせレビュー付き商品の業者が大量に流れ込んできているのは間違いなさそうです。

www.appps.jp

ちょっと引用すると、こんな風にしろという内容らしい。

  1. Amazonに出店と同時に安い商品を大量出品する
  2. 大量に作った評価用アカウントで購入する
  3. 出店者は実際には発送せずに出荷処理
  4. 評価用アカウントで出店者を★5評価
  5. 99%以上のユーザーが★5をつける優良ショップ「マケプレプライム業者」になる
  6. Pirmeマークをつけて出品できるようになる
  7. 偽装した評価とPrimeマークを見て、買う人が増える

まったく酷い。

これは笑いごとじゃない。 

でも。

そのわりに非難の声があがっていないのが不思議です。

むしろ、やらせレビューを見分ける方法とかチェッカープログラムとか、コメントに騙されないためのノウハウみたいな情報が増えてたりします。

wp2builder.adbizlife.com

sakura-checker.jp

うーーーん。

でも、よく見たら、そうやって頑張ろうとしてるのは、ほぼ男性です。

考えてみたら。

妻にしても、妻の友達の女性にしても、ネットでぼやいたりしません。

楽しくなければ、使うのをやめる。

他に楽しそうなところを探して乗り換える。

ただ、それだけなので・・まあ、当然かもしれません。

 

Amazonがいつ手をうつのかが見ものだな

 

そう考えると。

Amazonには、今、けっこうな危機が静かに忍び寄ってるかもしれません。

たぶん、楽しくないと感じ始めているのは、妻だけじゃない気がします。

そして、楽しくなければ、面倒なことをせず、より楽しい方にパッとのりかえるのも、妻だけじゃなく、女性全般的な傾向だと思うんですよね。

そもそも。

女性は買い物するという行為自体が楽しいみたいです。

実際に買わなくても、色んな商品を見ながらカートに入れているだけでも楽しいんだよという話は良く聞きます。

だから。

女性が楽しくない!というのは、ネットショッピングにとっては致命的です。

現代の消費をひっぱっているのは女性です。

だから・・。

じわじわと。

じわじわと。

Amazonの身体をむしばむ病巣にならないかと心配です。

そこに。

Amazonが既に気づいていて、着々と手をうっているのか。

はたまた、表面的な数字に表れてから、あわてて手をうつような醜態をさらすのか。

野次馬としては、興味津々ですね。 

ではでは。