"BOKU"のITな日常

興味のむくまま気の向くままに調べたり・まとめたりしてます。

VisualStudioCode(VSCode)のGit機能とGitLensの使い方

f:id:arakan_no_boku:20190811144704p:plain

目次

VSCodeのGit機能

VisualStudioCode(VSCode)は、Gitに標準で対応しています。 

f:id:arakan_no_boku:20190821214619p:plain

上記の白枠のアイコンが「Git」です。

最初は、選んでも「ソース管理プロバイダーが登録されていません」となってます。

でも、大丈夫。

メニューの「フォルダを開く」で、リポジトリフォルダを指定して開くと、勝手に認識して、以下のような画面になります。

f:id:arakan_no_boku:20190821215715p:plain

CHANGESが「0」なのは、実際にコミットが必要な変更がないからです。

上部の「...」を押すと以下のようなメニューが表示されます。

f:id:arakan_no_boku:20190821220043p:plain

 

試しに何か変更してGit機能を確かめる

 ひとつファイルを変更し、ひとつ新規につくってみました。

そうすると自動的に、変更が検知されます。

f:id:arakan_no_boku:20190821222730p:plain

CHANGESの下に対象ファイルを表示されてます。

ここで、バージョン管理対象でないファイルがCHANGESに含まれている場合は、リポジトリのフォルダ直下に「.gitignore」というファイルを置いて除外設定をします。

今回は、「.vscode」というフォルダ以下をすべて無視します。

そんな時は、以下のような内容で作ります。

.gitignore

.vscode/

このように最後に「/」を付ければ、そのフォルダ以下すべてを無視します。

f:id:arakan_no_boku:20190824134532p:plain

これで.vscode以下のファイルが変更対象からはずれました。

.gitignoreの他のパターンの書き方はこちらがわかりやすいです。

qiita.com

さて、続けます。

CHANGESのところに「+」ボタンが選択できるようになっています。

マウスをあてると「すべての変更をステージ」とあります。

f:id:arakan_no_boku:20190821223103p:plain

変更をステージというのは、追加(Add)、削除(rm)、リネーム(mv)などしたファイルをコミットの対象として指定することです。

つまり。

これらの変更をリポジトリにコミットするには・・。

  1. すべての変更をステージ
  2. すべてコミット→コミットメッセージの入力

という操作をすることになります。

うまくコミットできれば、CHANGESが「0」に戻ります。 

GitLensでファイルの変更前と後を比較確認する

 ファイルの変更前と後を比較確認したいときがあります。

そんな用途で使える、GitLensが評判が良いので、試してみたいなと思います。

まずはEXTENTIONSで、GitLensを検索してインストールします。

f:id:arakan_no_boku:20190821224510p:plain

インストールできるとこんなアイコンが追加されます。

f:id:arakan_no_boku:20190821224844p:plain

それを選ぶと、左ペインに、リポジトリやヒストリなどのリストが表示されます。

f:id:arakan_no_boku:20190824134907p:plain
そこで、確認したいファイルを選ぶと以下のように2つのウインドウで、変更前(左側)と変更後(右側)を並べて見せてくれます。

f:id:arakan_no_boku:20190821224806p:plain

上記の画像だと小さすぎてわかりづらいですが、実にわかりやすいです。

評判が良いのは当然です。

ということで。

これはアリですね。

今回は、こんなところで。

ではでは。