"BOKU"のITな日常

テクノロジー以外にも、日常には、面白そうな”イット”がつまってるんだな

Androidスマホで「OK Google, 英語を通訳して」。新しい翻訳機能を使ってみる。

AndroidスマホGoogleアシスタントに、リアルタイム翻訳機能が追加されてましたので、さっそく使ってみましたというのが、今回の話題です。

f:id:arakan_no_boku:20191228220026p:plain

 

はじめに

 

Googleのブログでこんな記事を見つけました。

japan.googleblog.com

通訳モード!

それはいいですね。

正直、英会話は苦手なので、ポケトーク欲しいな・・って思ってました。

pocketalk.jp

でも。

使う頻度の割に高いな・・と思って躊躇してたので、願ったりかなったりです。

 

Googleアシスタント

 

Androidスマホなら、Playストアからインストールできます。

インストールしたら

OK Google, 英語を通訳して」

または

OK Google, 英語の通訳になって」

でいけます。

あとは、こんな画面になるので、マイクのボタンを押して話すだけです。

f:id:arakan_no_boku:20191228221208p:plain

 

翻訳機として使う

 

日本語で自分がしゃべって、英語はパソコンから読み上げソフトでしゃべらせます。

そうすると。

自動的に言語を認識して、確実に会話として成り立ちます。

うーーん。

これはいい。

道端で外人にちょっと声かけられた程度なら、十分いけそうです。

 

自分の発音チェッカーとして使う

 

今度は、英語の部分も自分でしゃべってみます。

自分の発音がいけてるかも試せるなと思ったので。

ためしてみたのは、こんな例文。

What’s for dinner tonight?(今晩の夕食はなんだろう?)

これはいけました。

調子にのって、次いってみます。

That's funny (それは面白いね)

ところが、翻訳された訳文は

ザキパン?

英文も「zakipan」 とでてるな・・。

どうも、自分は「That't」などの「Th」の発音が話にならないぐらいダメダメみたいなのですが、それが一人で確認できるのが素晴らしいです。

この記事の「独り言練習法」に、Googleアシスタントの通訳モードを組み合わせたら、けっこう一人でこっそり練習できますね。

eikaiwa.dmm.com

また。

面白いおもちゃを手にいれた気分です。

ははは。

ではでは。