"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

Androidスマホを「リアルタイム翻訳機=自分の発音チェッカー(笑)」として使ってみる

AndroidスマホGoogleアシスタントに、リアルタイム翻訳機能が追加されてましたので、さっそく使ってみましたというのが、今回の話題です。

f:id:arakan_no_boku:20191228220026p:plain

 

はじめに

 

Googleのブログでこんな記事を見つけました。

japan.googleblog.com

通訳モード!

それはいいですね。

正直、英会話は苦手なので、ポケトーク欲しいな・・って思ってたのですね。

pocketalk.jp

海外旅行とかに行く予定はないですけど、最近、どこに行っても外人さんが多いので。

でも。

使う頻度の割に高いな・・と思っていましたが、スマホである程度できるならこれは助かるなあ。

 

Googleアシスタント

 

Androidスマホなら、Playストアからインストールできます。

起動すると、おなじみの「OK Google 〇〇して」が使えるようになります。

これは便利なのですが、正直、街中で「OK Google」って言うのは恥ずかしい。

なので。

あまり使ってませんでした。

早速、上記のブログに書いてある命令文を読んでみます。

OK Google, 英語を通訳して」

または

OK Google, 英語の通訳になって」

でいけます。

こんな画面になるので、マイクのボタンを押して話すだけです。

f:id:arakan_no_boku:20191228221208p:plain

 

翻訳スピードはなかなか速い

 

実際に試してみました。

日本語で自分がしゃべって、英語はパソコンから読み上げソフトでしゃべらせます。

そうすると。

自動的に言語を認識して、確実に会話として成り立ちます。

うーーん。

これはいい。

道端で外人にちょっと声かけられた程度なら、十分いけるんじゃないかな。

で。

調子にのって、英語の部分も自分でしゃべってみることにしました。

これで認識されたら、自分の発音に自信がもてますしね。

ためしてみたのは、こんな例文。

What’s for dinner tonight?(今晩の夕食はなんだろう?)

これはいけました。

調子にのって、次いってみます。

That's funny (それは面白いね)

ところが、翻訳された訳文は

ザキパン?

うーん。

英文も「zakipan」 とでてるな・・。

つまり、自分の発音を英語圏の人がきいたら、そう聞こえるってことか(笑)

でも。

面白いな。

この記事の「独り言練習法」に、Googleアシスタントの通訳モードを組み合わせたら、けっこう一人でこっそり練習できるかもしれないです。

eikaiwa.dmm.com

また。

面白いおもちゃを手にいれた気分です。

ははは。

ではでは。