"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

無料かつ簡単に「ドキュメント共有」サイトを用意する(Googleドライブ版)

マンションの住民だけが資料を閲覧できるWEBサイトを1円もコストをかけずに作るとしたら、こんな感じかな(;^_^A。

f:id:arakan_no_boku:20200524170241p:plain

 

要件はこんな感じ

 

マンションの住民に紙で配布している資料をWEBでも見たいとの声がありました。

ただ、条件があって。

  • ドキュメント原紙(WORD)をクラウドで管理する
  • 原紙の更新は特定の管理者のみが可能にする。
  • 管理者以外がドキュメントを参照するときは読み取り専用にする。
  • ドキュメントはWEBサイトから随時参照できるようにする
  • ドキュメントはマンションの住民以外は参照できないようにする

と、もうひとつ。

  • 予算は1円も使えない(;^_^A。

です。

レンタルサーバーの月980円も却下・・。

なので、Basic認証すら使えません(笑)

この条件下で、なんとか考えた方法です。

ベストじゃないでしょうけど・・、ひとつの選択肢ではあると思いますので。

 

Googleドライブを使います

 

今回は、Googleドライブを使います。

無料利用枠をもっているクラウドストラージサービスはたくさんありますし、無料でサイトを作れるサービスもたくさんありますが、15GBまで無料枠があり、何より使い慣れていますので。

notepm.jp

 

用意する手順です

 

手順は以下のようにすすめます。

  1. Googleアカウントを用意する
  2. Googleドライブにサンプルドキュメントを保存する
  3. ドキュメントの閲覧者に対して権限の制約を追加する
  4. ドキュメント公開用ホームページを作成する
  5. ドキュメントの共有リンクを取得してサイトに貼り付ける

 

Googleアカウントを用意する

 

今回は、WEBサイトもGoogleサイトで作成します。

なので、Googleアカウントは3つ用意します。

  • ドキュメント管理者アカウント
  • サイト管理者アカウント
  • ドキュメント閲覧者アカウント

です。

以下のヘルプを参照して、アカウントを作ります。

support.google.com

ドキュメント管理者でログインすると「参照のみ」ができない。

サイト管理者でログインするとWEBサイトの編集を禁止できない。

だから閲覧者が必要・・というわけです。

もちろん、WEBサイトをGoogleのサービス以外で作成する場合は、サイト管理者アカウントは、作成するサービスのアカウントに読み替えます。

 

Googleドライブにドキュメントを保存する

 

ドキュメント管理者アカウントでGoogleドライブにログインします。 

共有したいドキュメントを、Googleドライブに保存します。

drive.google.com

 

ドキュメントの閲覧者に対して権限の制約を追加する

 

ここからがポイントです。

保存したドキュメントに共有設定をします。

対象のドキュメントを選択して、以下の黒丸のような「共有」ボタンを押します。 

f:id:arakan_no_boku:20200527102749p:plain

 表示されるダウアログに「ドキュメント閲覧者」のメールアドレス(アカウント)を入力します。

f:id:arakan_no_boku:20200527101719p:plain

デフォルトは「編集者」になっているので「閲覧者」に変更します。

赤四角で囲った部分です。

f:id:arakan_no_boku:20200527203746p:plain

歯車アイコン(上図の赤丸部分)を押して以下の共有設定ダイアログを表示して、「閲覧者と閲覧者(コメント可)に、ダウンロード、印刷、コピーの項目を表示する」のチェックを外します。

これをしておかないと、読み取り専用になりません・・大事なとこです。 

f:id:arakan_no_boku:20200527101821p:plain

共有対象のドキュメントファイルすべてに、この設定が必要です。

 

ドキュメント公開用ホームページを作成する

 

Googleサイトを利用して公開用ページを作ります。

www.appsupport.jp

マンションの外観写真を張り付けて、共有したい資料名を見出しレベルの大きい文字で1行ずつ書いていく程度でよいと思います。

今回はこういう風にしてみました。

f:id:arakan_no_boku:20200528212241p:plain


 

 ドキュメントの共有リンクを取得してサイトに貼り付ける

 

 上記の「マンション管理規約(サンプル)」などの文字列にリンクをはります。

閲覧用のリンクは、Googleドキュメントから取得します。

先ほど、公開権限を設定したドキュメントを選んで、「共有可能なリンクを取得」アイコン(図の赤丸)を押します。

f:id:arakan_no_boku:20200528214003p:plain

すると以下のような画面が開くので、ここで「共有設定」(赤四角)を押します。

f:id:arakan_no_boku:20200528214200p:plain

表示される共有設定画面の下段にある「リンクを取得」のところで「制限付き」になっていれば、ここでリンクをコピーします。

下記のように、全員が閲覧できますになっていれば「変更」(赤四角)を押します。

f:id:arakan_no_boku:20200528214432p:plain

ここで「制限付き」に変更(赤四角)してから、リンクをコピー(赤丸)します。

f:id:arakan_no_boku:20200528214836p:plain

コピーしたリンクを、共有サイトに張り付ければOKです。

公開対象のドキュメント、おのおのにこれを行います。

f:id:arakan_no_boku:20200528215601p:plain

 

実際に使ってみる

 

ホームページはURLを知っている人は表示できます。

検索結果に出したくない場合は、Googleサイトなら、WEBサイト作成時に「検索結果に表示しないようにリクエストする」オプションを選びます。

資料は「制限付き」にしているので、ドキュメントのリンクをクリックすると、Googleアカウントへのログインを求められます。

ログインIDとパスワードは「ドキュメント閲覧者アカウント」としてひとつ作ってマンションの住民で共有しとけば十分だと思います。

さて。

Googleサイトの場合は公開設定でURLを決めて、ユーザに知らせます。

f:id:arakan_no_boku:20200529210212p:plain

 

そのURLで表示した画面が仮にこんな感じだとします。

f:id:arakan_no_boku:20200529211046p:plain

 

ユーザが「マンション管理規約(サンプル)」リンクをクリックしたとき、「ドキュメント閲覧アカウント」でログインしていない場合は、おなじみのGoogleログイン画面を表示します。

f:id:arakan_no_boku:20200529212552p:plain

 

ここで「ドキュメント閲覧アカウント」とパスワードを入力してログインすると、こんな感じでドキュメントが開きます。

f:id:arakan_no_boku:20200529204926p:plain

権限設定がきちんとできていれば、印刷もダウンロードもできなくなってます。

これで一応、要件は満たしていて、かつ、無料です。

資料の更新も簡単な手順書を作って、組合の役員かマンション管理会社の担当者がみられるようにしておけば簡単にできるはずです。

ではでは。