"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

何でもスマホ&クラウド。便利をエサに支配されていないか気をつけよう。

便利を求めすぎると、どっかでおかしくなる気がしてしょうがないです。

f:id:arakan_no_boku:20201126232427p:plain

 

スマートリモコンとかスマート家電とか

 

スマホで家電とかを操作するスマートリモコンというやつがあります。

time-space.kddi.com

図を引用するとこんな仕組みのもの。

f:id:arakan_no_boku:20201127003841p:plain

スマホで鍵を操作するスマートロックというのもあります。

www.rentio.jp

f:id:arakan_no_boku:20201127004009p:plain

どちらも凄く便利そうに見えます。

でも、正直言うと、怖くて二の足を踏む自分がいて、実際、使う気はありません。

 

コンテンジェンシープラン

 

二の足を踏むのは、最悪のケースでどうなるかを考えてしまうからです。

ちょっと気取って言えば「コンテンジャンシープランがちゃんとあるのか気にかかる」って感じですかね。

コンテンジェンシープランは「災害や事故など想定外の事態が起きた時のために、事前に定めておく対応策や行動手順」みたいなことで、例えば、地震とかでコンピュータがぶっ壊れて給与計算システムが動かせなくなっても、とりあえず、手計算で基本給与だけは支払うような手順を定めておくみたいな被害がでても全滅だけは防ごうプランの余地を残して設計しておくようなことを意味します。

正直。

うまくシステムが稼働している時にはいらないものです。

通常業務では使わないデータを物理的に離れた場所に退避したり、あえて印刷して保管したりとかするので、すごい無駄に見えたりもします。

でも。

忘れたころに突然やってくる不幸で、予期していなかったトラブルに巻き込まれたとき、十数年前の顔も知らない誰かが用意してくれていたそういう仕組みのおかげで壊滅だけは免れたという経験を、自分は何度もしてます。

だから、つい、最悪の場合にどうなるのか?を考えてしまうのですが。

スマートリモコンもスマートロックも、その点でどうもピンときません。

特にスマートロックのデメリットは以下のような紹介のされ方をしてます。

一方でスマートロックには以下のようなデメリットもありますので、導入前の確認と比較検討は十分に行うようにしてください。

  • スマートロック本体もしくはスマホの電池切れによる締め出し
  • スマートロック本体の取り付け不良もしくは落下による締め出し
  • 導入コストと電池交換等のランニングコスト
  • 設置可能な玄関錠(サムターン形状)に制限がある
  • 原則引き戸には未対応
  • ソフトウェアの不具合や通信セキュリティの不安

スマホの電池が切れたら締め出しされる・・って、あかんでしょ。

全然。

 

AWSの障害であからさまになったリスク

 

 11月25日にAWSの大規模障害が発生しました。

gigazine.net

これで、スマートリモコンのところに名前があがってた「Nature Remo」も影響をうけたそうで「NatureRemoでしかエアコン操作できない」とか「電気が消せない」とか、すっかり便利にはまってた人々ツィートがでてました。

こちらも。

コンテンジェンシープランもクソもないとしか思えません。

スマートリモコンやスマートロックのすべてがそうとは思わないですけど、スマホとかAWSのようなクラウドとか、いろんなものが安定して動いていることが前提で、そこがダメなら使えない・・みたいなものがありそうです。

困ったことに、これらは便利なんです。

それも、半端ではなく、一回使い始めると依存してしまうくらいに。

それで、スマホクラウドが止まると使えなくなるということは、誰かが意図的に止めることだってできてしまいます。

そうすると。

言うこときかないとクラウド停めるぞって脅しに使うこともできるわけで。

見方を変えれば「支配を許してる」って感じにもとれてしまいます。

それってどうなんでしょうね。

 

キャッシュレスも同じだ

 

結局。

スマートリモコンが使えなくても、最悪、本体のスイッチで最低限の操作はできる。

スマートロックが使えない時は、最悪、普通のカギで開け閉めはできる。

また、仮にハッキングされても、気づいた時点で電源を強制OFFにしてつながらない状態にはできる・・とか。

こういうことをちゃんと考えてくれているかどうか?

これがやっぱり気になります。

全然違いますが。

キャッシュレスも同じです。

最近は自分もほとんど現金は使いません。

でも、先日、食事にいったお店のレジが壊れて、30分以上待たされたあげく、結局電卓で清算させてくれという話になったみたいに、突然、クレジットはおろか、すべてのキャッシュレス決裁ができない場面に遭遇するということはありえます。

なので。

最低限の現金は持ち歩くようにしていたので、なんとか支払いができたのですが、ほんと、それがなかったらと思うと冷や汗がでます。

便利なものは活用すればいいと思います。

でも。

すべてをそれに依存して、無くなったら何もできない状態になってしまうということは、それを提供している奴らに首根っこを押さえられて(支配されて)いることなんだということは意識しておくべきです。

常に、最悪の場合の逃げ道が用意されている製品を選び、やばくなったら、いつでも捨てられる状態で便利さを甘受するという余裕が、きっと必要なことなんだと。

自分は思うわけなのです。

今回はこんなところで。

ではでは。