"BOKU"のITな日常

テクノロジー以外にも、日常には、面白そうな”イット”がつまってるんだな

テレビドラマ(科捜研の女)にでてきた「歩容認証」と「Lamphone」の話

f:id:arakan_no_boku:20201222010537p:plain

 科捜研の女というドラマは、IT的にも面白いです。

www.tv-asahi.co.jp 

実際の捜査で使われている枯れた技術だけじゃなくて、ちゃんと新しい技術動向をウォッチして、ドラマの中に登場させてくれているように思えます。

科捜研の女に頻出する技術で、自分の最近のお気に入りは、「歩容認証」です。

www.jsps.go.jp

姿勢の違いや歩幅の違い,腕の振りの大小などの歩き方の特徴を使い,個人を認証する技術です。

犯罪者が覆面をしていて顔認証がほぼ使えなくても、歩容認証なら大丈夫です。

最近では「たった1枚の画像」から歩容認証に成功した・・なんて報告もありますし、直実に進化しているようなので・・期待は大です。

resou.osaka-u.ac.jp 

とはいえ。

現実的には、まだ「警察庁科学警察研究所法科学研修所主催の鑑定技術職員研修で活用され、科学警察研究所ではこのシステムの実務評価が行われています。」ということらしく、ドラマの中みたいに、捜査にバリバリ使われている段階ではなさげで、ドラマのほうがうんと先行してる感じですけどね。

 

でも、現実で話題になっている技術で、まだ科捜研の女に登場していないものもいろいろあります。

たとえば、影で人を識別する「影生体認証」技術とか。

NASA研究員 岩下友美さんが生み出したと話題になっています。 

www.frisk.jp

ドローンとかで上空から撮影した「影」で人を識別することができるらしいですが・・超面白いです。

f:id:arakan_no_boku:20201222215104p:plain

  

科捜研の女の2020年12月17日の最終回スペシャルに、まったく自分が認識もしてなかった技術がでてきました。

それは「動画に移っている電球の振動から音声情報を抽出」して、録音されていない犯人同士の会話を再現するという技です。 

さっそく調べてみました。

lamp(ランプ)をmicrophone(マイクロホン)として使うので「Lamphone(ランプホン)」と命名された技術のようです。

wired.jp

英語で解説されたページはこちらです。

たぶん、これが大元じゃないかと思います。

www.nassiben.com

ちょこっと引用すると

we introduce "Lamphone," a novel side-channel attack for eavesdropping sound; this attack is performed by using a remote electro-optical sensor to analyze a hanging light bulb's frequency response to sound.We show how fluctuations in the air pressure on the surface of the hanging bulb (in response to sound), which cause the bulb to vibrate very slightly (a millidegree vibration), can be exploited by eavesdroppers to recover speech and singing, passively, externally, and in real time.We analyze a hanging bulb's response to sound via an electro-optical sensor and learn how to isolate the audio signal from the optical signal.

盗聴音に対する新しいサイドチャネル攻撃である「Lamphone」を紹介します。

この攻撃は、遠隔の電子光学センサーを使用して、ぶら下がっている電球の音に対する周波数応答を分析することによって実行されます。

ぶら下がっている電球の表面の空気圧の変動(音に対する)が、電球にどのように影響するかを示します。わずかに振動し(ミリ度の振動)、盗聴者が利用して、受動的、外部的、リアルタイムで音声と歌を回復することができます。

電気光学センサーを介して、ぶら下がっている電球の音に対する応答を分析し、音声を分離する方法を学びます。

 とのこと。

ついでに図も引用します。

f:id:arakan_no_boku:20201222232645p:plain

すごい難しいことをしてるわりに、考え方はシンプルで理解しやすいです。

それにしても。

発表されたのが2020年6月という新しい技術とはいえ、こんな面白そうな話題をテレビドラマで初めて知ることになるとは・・びっくりしました。

ドラマスタッフって勉強してるのですねえ。

ではでは。