"BOKU"のITな日常

BOKUが勉強したり、考えたことを頭の整理を兼ねてまとめてます。

給与のデジタル払いは賛成。ただ、情報流出しても被害がでない仕組みを望みます。

f:id:arakan_no_boku:20210407223319p:plain

給与のデジタル払いが、制度化の検討にはいったらしいです。

www.jiji.com

それ自体に文句は全くありません。

検討が遅すぎるくらいだと思います。

あれば便利だと思いますし。

全額デジタル払いまで行くかどうかはともかく、PayPayに定額XX万円、残額を銀行口座に振り込みとかしたい人は結構いるはずですから。

実現するとしたら、おおまかな流れはこんな感じになるんだろうと推測してます。

f:id:arakan_no_boku:20210407232008p:plain

現在の銀行振り込みに仕向(元受)銀行があるように、各個別「XXPay」への送金を代行する決済事業者が新たにでてくる想定です。

よく、企業から直接「XXPay」に送金するから手数料がかからないメリットが・・みたいなイメージで書いてある記事とは違う図になってます。

企業から直接は、個人的にはありえないと思ってますので。

銀行振込も、会社で個人口座向けの振り込み処理を個別にやるのは、事務処理・システム運用などなどで負荷が大きく、手数料を払っても仕向(元受)銀行にお願いするほうがメリットがあるからやっているわけです。

それと同じ理屈です。

なので、ここからは「決済事業者」ありきでの話になりますが、不安なのは、やっぱりセキュリティです。

この「決済事業者」にあたるところは、間違いなくネット犯罪者の標的になります。

なんたって、扱っているのが「XXPay」のID情報です。

ハッキングして情報をすいとれば、太いお金になります。

しかも、個別に会社を狙うより効率的に大量の情報をとれます。

こんなおいしい獲物はありません。

たぶん、世界中の犯罪者から狙われることになるでしょう。

そうなった時に、完璧に流出を防げるとは、個人的には全く思ってません。

世界最高峰の技術をもってるはずのFaceBookとかでもやられてるのですから。

なので。

流出する可能性はあるよ・・という前提で、そうなっても被害を最小限におさえられるような仕組みを考えてほしいなと思うわけです。

幸い。

デジタル払いのお金の流れは一方通行です。

なので・・・たとえば。

買い物時の決済には使えない「入金専用ID」を導入するとかはできそうです。

各XXPayで「入金専用ID」みたいなサブIDを各利用者が発行できるようにして、その「入金専用ID」を会社に届け出るようにすればいいと思います。

おそらく、決済事業者に渡す情報も、「入金専用ID」以外に個人情報とか必要ないはようにはできるはずなので、仮に流出したとしても、自分のお金を知らぬ間に使われるってことがなく、個人情報にもあたらない・・ということであれば気持ち的には楽です。

ほかにも、いろいろアイディアはありそうなので、頭のいい人たちにしっかりと考えてほしいなあと切に思います。

でなくて、今までと大して変わらない仕組みのままで、「決済事業者のセキュリティは完璧だから流出の心配はありません!!」なんてはったりをかましてくるようなら、自分は使いません(笑)。

銀行口座からチャージするひと手間のために、万分の一の確率でも痛い目にあう可能性を増やしたくはありませんから。

さて・・さて。

どうなるのやら。

ではでは。