"BOKU"のITな日常

BOKUが勉強したり、考えたことを頭の整理を兼ねてまとめてます。

自分のパスワードを書いた脅迫メールが来たら、さすがにビビる

f:id:arakan_no_boku:20220410142441p:plain

目次

はじめに

リライトで目次をつけました。

内容は2018年8月当時のままです。

自分のパスワードを書いた脅迫メールが来たら、さすがにビビる

新手のスパムメールやマルウエアはどんどんでてきます。

だから、慣れてきてしまって、多少のニュースでは驚かないですが、久しぶりにスパムメールのニュースでビビりました。

f:id:arakan_no_boku:20180814212039j:plain

ビットコインで金を支払えという脅迫メールなのですが、メール本文に「自分の本当に使っているパスワード」が書かれているそうです。

ほかに、パスワードを知っていると示したうえで、ポルノサイトを見ている姿をさらす・・みたいな脅迫までくっついているバリエーションもあります。

www.itmedia.co.jp 

 

パスワードは闇サイトで販売されている?

どうも、このスパムは闇サイトで販売されている情報を使っているっぽいです。

こんな記事を見てると、明日にでも自分のところにとんでくる可能性も否定できなくなります。

www.itmedia.co.jp

こんなのもありました。

prtimes.jp

個人情報の闇市場での販売価格などを書いてあるらしいですが。

しかし、最も高い値がつくのが「出会い系(デート)サイト」ってのは、なんかわかりますね。

買った方も金にしやすい(脅しやすい)ってことでしょう。

当然、同じ理屈でポルノサイトの会員情報を高値なんだろうな・・と予測できます。

この記事で話題にしているスパムのネタ元も、このへんでしょうか。

 

対処方法は同じ・・無視すること

とりあえず無視して金を払わないこと。

これが、常に最善手です。

あと、できれば弱みになるような、ポルノサイトとか・出会い系なんかに個人情報登録しないことなんでしょうが、このへんは個人の趣味の範疇ですから。

個人責任です。

そういうとことに登録して、かつ、少しでもリスクを減らしたいなら、パスワードを頻繁に変えておくとか・・くらいしか思いつきません。

ではでは。