SE_BOKUのITな日常

SE_BOKUが知ってること・勉強したこと・考えたことetc

WSL2のubuntu20.04LTSにNginx・Mariadb10.9・php-fpm(php8.1)をインストール

目次

WSL2のubuntu20.04LTSにNginx・Mariadb10.9・php8.1をインストール

WSL2のUbuntu20.04LTSにNginx・Mariadb10.9・php8.1をインストールします。

新しめのバージョンを使うため、PPAリポジトリからのインストールになります。

今回はインストールのみ記載し、設定は別の機会にします。

Mariadb10.9インストール

MariaDBのUbuntu20.04LTS用のダウンロード・インストールの情報は以下のサイトにあります。

mariadb.org

MariaDB RepositoriesでディストリビューションMariaDBのバージョンを選択します。

すると下のほうに以下のようなコマンドが表示されます。

sudo apt-get install apt-transport-https curl

これで、「apt-transport-https」と「curl」をインストールします。

apt-transport-httpsは、aptのパッケージダウンロードをhttpsでやってくれて、curlサーバーにリクエストを送信し、レスポンスを受け取るコマンドです。

僕の環境は、既にインストールされていたので「already the newest version」でした。

あとは、書かれている通りに、順番に実行すればインストールできます。

sudo curl -o /etc/apt/trusted.gpg.d/mariadb_release_signing_key.asc 'https://mariadb.org/mariadb_release_signing_key.asc'

sudo sh -c "echo 'deb https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/dbms/mariadb/repo/10.9/ubuntu focal main' >>/etc/apt/sources.list"

sudo apt-get update

sudo apt-get install mariadb-server

インストールできたことを確認します。

 service --status-all

これでサービスのリストを表示して、mariadbが追加されているかを見てみます。

ありました。

PHP8.1とNginxをインストール

PHP8.1をインストールするにはPPAリポジトリの追加が必要です。

launchpad.net

上記のページに書いてある以下のコマンドを実行してリポジトリを追加します。

sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php

sudo apt update

そして、PHP-fpmをインストールします。

sudo apt install php-fpm

僕が実行した時点では、これで「php8.1」もインストールされました。

とりあえず、動作確認しておきます。

php --version

ちなみに。

php-fpm のfpmは「FastCGI Process Manager」でPHPFastCGI 実装です。

今回はインストール手順だけなので、このへの説明ははしょりますけど、NginxをWebサーバーで使う場合には、これが必須なのです。

PHPのPPAリポジトリを追加するときに、以下のようなメッセージが表示されます。

3. If you are using nginx, you are advised to add ppa:ondrej/nginx-mainline
   or ppa:ondrej/nginx

僕は「nginx」を使うので、「ppa:ondrej/nginx-mainline」リポジトリを追加します。

sudo add-apt-repository ppa:ondrej/nginx-mainline

sudo apt update

launchpad.net

インストールします。

sudo apt install nginx

バージョン確認を兼ねて動作確認しておきます。

nginx -v

とりあえず、インストールはできました。

設定と起動については、別の機会に。

ではでは。