"BOKU"のITな日常

62歳・文系システムエンジニアの”BOKU”は日々勉強を楽しんでます

痴漢冤罪に怯えるおじさんの為に男性専用車両をお願いします

女性専用車両を作るなら、男性専用車両もつくるべき。

自分はそう思います。

f:id:arakan_no_boku:20190305205024j:plain

 

置換冤罪はしゃれにならない

 

朝の通勤ラッシュはホントにひどい。

特に東京で仕事するときは、うんざりします。

窮屈だってだけなら、まだマシなんですが、置換冤罪・・の恐怖があります。

女性の近くに押し込まれないように、押し込まれた時に力のかかる方向とかを計算しながら、乗るときの位置取りとかは考えて乗るようにしてます。

 車両の中に女性の比率が高いと、リスクも増えるので、並んでいるときの行列に女性が多い時は、そこを避けて、男性の多い列にならぶとかまでしてるんです。

 とはいえ、どっと乗ってこられて押し込まれると、自分の意思と関係なく押し込まれるので、自分の希望する立ち位置にいけなくなる危険をゼロにすることはできません。

荷物とかあると、両手でつり革持つとかできない時もあるしね。

 そんな時はビビってます。

マジで。

だって、何もやってなくても、一声「痴漢です」と疑いかけられたら終わりですから。

どんなことでも「自分は何もしていない」ということを証明するのは「悪魔の証明」とも例えられるほど難しいことですから。

www.excite.co.jp

 

痴漢保険にはいるのも検討の余地はあるけどなあ

 

そう思う男性は多いみたいで、痴漢冤罪保険の申し込みが急増してるとか。


で、こちらがそのサイトです。

www.japan-insurance.co.jp

申し込む人の気持ちはめちゃくちゃわかります。

自分も、真剣に検討しましたもん。

はいってない理由は、自分の場合、東京で仕事するときはラッシュ時に列車に乗らないですむように、始業時刻を調整することが可能だったからでしかないです。

1時間遅く出社すると、だいぶリスクは減りますから。

その時間帯の電車を絶対につかわないといけない状況なら入ってたかも・・ですね。

 

痴漢するヤツが一番悪いんだけど

 

もちろん。

本物の痴漢がいるのが一番問題なんです。

だから、それを撲滅できればいいんですが・・・。

不可能でしょうね。

犯罪者やテロリストをゼロにできないのと同じ理屈で。

だとしたら。

最初にも書きましたけど、ラッシュの電車で「男性」と「女性」が同じ車両にのりあわせるという状況をなくすしかない。

そう思えます。

つまり。

 電車もトイレみたいに「男性用」と「女性用」に分けてくれ。

 と主張したいわけです。

 

メリットは大きいと思うんだけどな

 

ラッシュ時だけでいいです。 

男性専用車両女性専用車両に乗っていれば、痴漢に間違えられるリスクはほぼゼロにできる・・この安心感は大きいですよ。

こうしてくれたら、相当朝のストレスなくなると思います。 

男性も女性もお互いに。 

今でも女性専用車両とか一部あるんですから、やるのは比較的簡単じゃないのかな?と思うわけです。 

男性用、女性用のプレートをつくったり、駅のホームの待合場所を変えたりしないといけなかったりで、駅員さんの手間がかかるかもしれません。 

でも、今でも時々、痴漢騒ぎがきっかけで列車が遅れたりとかしてるじゃないですか。 

あの騒ぎにかける手間を考えると、許容範囲だと思うんですよね。 

まあ、どうしても男女で一緒に乗りたいと言い張る人もいるかもしれません。 

それなら、「男性車両」「女性車両」に一部だけ「相乗車両」と作ればいいと思います。 

この「相乗車両」って,意外とカップル車両みたいに人気がでるかもしれませんしね。 

もっとも、「相乗車両」が痴漢さん御用達車両になる恐れもあるわけですけど、そこは車両が絞れるだけ警備もしやすくなるので、たまに警察官におとりで乗ってもらうとか・・どうにかできるでしょ。 

ほんと、マジでお願いします。 

電車もトイレみたいに「男性用」と「女性用」に分けてください。