アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

行列に並びたくないのは個人の勝手。人生を損してるなんて言わないで放っておいてほしいな。

行列は大嫌いです。 

自分は、ほぼ、行列を避けて生きてきました。 

子どもの時から、遊園地でも行列ができるような人気のアトラクションには絶対に乗りませんでした。

今でも、行列にならんで「おいしいと評判の店」と、すぐ食べられる「普通の店」なら、迷うことなく後者を選びます。  

これには絶対の自信があります(笑) 

 

人生を損しているとか言われるが

 

世間的には、自分は「相当おかしいやつ」らしいです。 

行列に並ぶのが苦にならない人が言う「世間」ですけどね。

 何度、「人生を損している」と言われたかわかりません。 

行列にならばないと体験できない楽しさとか、おいしさとかがあるそうです。 

行列を並ぶことによってできる体験は、一生に一度のものかもしれないんだぞ!

 と力説されます。 

で、たいてい最後は。 

そのチャンスを放棄するなんて信じられない! 

ですかね・・・。  

最近だと、東京駅で評判の駅弁の話題で言われました。 

テレビで特集していたらしく、相当うまそうだったみたいです。 

自分は、仕事で毎週のようにに新幹線にのってました。

当然、その店は知ってます。

だから色々食べれて良いねと言われたのですが、実は食べたはないのです。

東京駅で駅弁を買わないわけではないです。

けど、人気のある店は行列があるから素通りして、人の並んでない店で買うわけです。

いつも。

だから・・その人気の店に、どんな弁当があるのかも知りません。

そう答えると「バカじゃないのか」と言われました。 

 

行列に並んでいる時間の方が自分には無駄な気がする

 

放っておいてほしいですよね。 

価値観が違うのですから。

自分にとっては、行列に並んでいる時間くらい「無駄な時間はない」のです。 

そんな無駄を我慢しないとできない体験ならいらないです。 

たぶん、行列の好きな人と自分は一生わかりあえない。

最近はあきらめてます。 

そんなことを考えてると、こんな記事がありました。

kari-kari.net

ちょっと引用してみます。

マーケティング会社のトレンダーズの調査では、「行列に並ぶのは好きですか?」という問いに対して、「好き」と答えたのはわずかに16%でしかない。

逆に言えば、「行列に並ぶのは好きではない、嫌い」という人が84%を占めているわけだ(調査対象は、女性だけですが)。

なのに

全体で、行列に並んだことのある人は全体88%に達しており、行列に無縁という人は1割程度ということがわかる。 

 

そうです。 

ふむふむ。 

確かに、自分みたいな人間は少数派みたいではありますね。 

でも、同志が1割もいるのなら上出来です。

少なくとも、嫌いだけど並ぶという人より、一貫してるだけマシ。 

考えてみれば。

誰かに迷惑かけているわけでもないし。

自分は別にそれで損したなんて思ったこともないし・・。   

行列が好きな人、嫌いな人、並ぶ人、並ばない人。 

そんなの、それぞれの個性ですもんね。 

どっちだろうが、世界に一人しかいないと言われようが、自分は死ぬまで治す気もないですけど。