"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

連絡もなく、突然Googleアドセンスの広告が表示されなくなり、知らぬ間に復活していた件/はてなブログ

ブログのサイドバーに表示していたGoogleアドセンスの広告が、2019年5月27日に突然、表示しなくなっているのに気づいて、どうしようもないので広告を外していたら、7月6日に、これまた何の連絡もなく復活していたという顛末の話です。

驚いて、いろいろ調べたので、その原因と顛末を書いておきます。

f:id:arakan_no_boku:20190527191851p:plain

 

追記 2019/07/06 サイドバーの広告復活しました

 

以下の記事は2019/05/31に書いたものです。

その時は、突然Googleの広告が配信されなくなって、調べたら、「どうも濡れ衣っぽいけど何かで不正広告の疑いかけられて、調査のため、止められた・・っぽい」ことがわかったので、広告をはずしてました。

で・・、その後、この件に関しては何の連絡もなくて、自分も忘れていたのですが、ふとどうなったのか気になって、試しに広告ユニット復活させてみたら、表示されるように「知らぬ間」になってました。

どーーも、釈然としないのですが、とりあえず「2019/07/06」から、サイドバー広告復活させました。

Googleアドセンスは累積で8000円以上溜まると振り込みしてくれます。

このブログ位だと、ちょうど忘れたころにはいる「ご褒美」みたいな感じになります。

これで、ご飯を食べに行いったりするのを、奥さんは楽しみにしてくれてたみたいで、なくなった時には結構ぼやかれました(笑)。

なので・・やれやれ・・という感じです。

ということで。

これ以降の記事は「2019/05/31時点」の内容となります。

特にリライトはしていませんので、一部、内容でひっかかる点があるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

気づいたのは27日の月曜日の朝

 

ふと広告欄のところが空白になっているのに気づきました。

f:id:arakan_no_boku:20190527200642p:plain

でも。

自分のPCって広告表示されないんだったっけ・・なんて、とぼけた事を考えてて、どうも広告配信されてないみたいだと気づいたのは、月曜日の夜にAdsenceの収益0円・・という数字を見た時です。

0円ってのは無かったし、そういえば、自分のPCでも広告は表示されてたな・・と思い出したわけです。

 

自分がたどり着いた原因を先に書いておきます

 

原因をざっくり、まとめるならば。

自分のブログで、Googleが「品質のよくないトラフィックの疑いがある」と判断した何かがあり、「疑わしきは、まず、罰せよ」的に、広告の配信を止められているらしい。

それは、Googleが引き続き調査している間続き、期間が決まっているわけでゃない。

おそらく、Googleが問題ないと判定してくれるまで何日か何カ月かわからない間・・続くだろう。

ということみたいです。

この品質の良くないトラフィックというのは、例えば、以下のような「無効なトラフィック」に該当するものが含まれているということらしいです。

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

support.google.com

どれもこれも、全く、心当たりはありません。

でも、まあ。

ありえるとしたら、2番目のやつくらいですかね。

うちの奥さんも、たまの食事代になるご褒美的な広告収入は「ありがたいね」と言ってて、友達とかに自分のサイトを教えるときに、良ければ広告も見てやってね・・なんてくらいは普通に言ってるみたいです。

だから。

それを真に受けて、自分のブログで集中的にクリックしてくれた人がいたとしても不思議はないですけど・・、うーーん、どうなんでしょうね。 

それにしても・・。

長年やってるのに、なんでまた急に・・と思ったら、どうも5/24くらいからGoogleが集中的にチェックを始めたのか、同じような状況になっている人が大勢いるみたいです。

support.google.com

レポートを見ると、自分のところも5/25から止まってたっぽいです。

なんか事件でもあったんでしょうかね?

迷惑な話です。

とはいえ。

ぼやいた所ではじまりません。

心当たりがあろうとなかろうと、ボールはGoogleが握ってます。

自分にはとりあえず、広告欄を削除して体裁を整えて、こんな感じでブログの記事でぼやくくらいのこと(笑)しかできません。

やれやれです。

だけど、「不正なトラフィックの疑いがあるから止めるよ」とお知らせくらいはしてほしかったですね。

わけがわからず、4日間くらい、あれこれ対応した時間が勿体ないです。

くやしいので。

この4日間に、自分がやった対応も書いておきます。 

 

無駄だった対応 その1

 

まず、自分のブログでなんかポリシー違反があって止められた・・を疑いました。

早速、Adsenceのページにログインして、アカウント>ポリシーセンターをみます。

何かあれば、ここにでているはずなので。

でも。

f:id:arakan_no_boku:20190527203642p:plain

うーーん。

おかしいです。

アドセンスのヘルプを見ても、ポリシー違反がないのに、配信が停止された場合・・というのはありませんでしたから。

support.google.com

クローラエラーもチェックしたけどゼロでした。

この時の自分は、配信が停止されたわけじゃなくて、何等かのトラブルで広告がうまく表示できなくなっている・・ということを疑ってしまったわけです。

 

無駄だった対応 その2

 

次にやったのは、広告の貼り直しです。

サーバー側のプログラムのバージョンアップでクライアント側の古いバージョンのスクリプトがうまく動かなくなるなんてことは、システムの保守やってると、ままあることですから、今回もありえるかな・・なんて考えたわけです。

ということで・・。

さくっと削除して、新しく取得したスクリプトに貼りなおします。

貼り付け方は、はてなブログのヘルプの通りにします。

help.hatenablog.com

 

貼りなおした後で、24時間位すると、新しい広告ユニットがアクティブになりました。

で・・。

確認してみましたが・・、当然ながらダメでした。

空白のままです。

 

無駄だった対応 その3

 

アドセンスのヘルプのトラブルシューティングガイドにそってチェックもしました。

support.google.com

ひとつひとつ確認しながら、チェックしてみたのですが、残念ながら、該当なしで、以下のように問い合わせページのリンクが表示されてしまいます。

f:id:arakan_no_boku:20190529204525p:plain

ここで問い合わせると、回答をもらえるわけですが・・、すぐに回答がもらえるわけではないので、次の対応もしてしまいました。

 

無駄だった対応 その4

 

わかっている状況は。

  • ポリシー違反の警告もない。
  • 新規に申請した広告ユニットも問題なくアクティブにある。
  • トラブルシューティングのチェック項目もOKである

でも、広告が表示されないわけなので、基本に戻って、なんか規則違反を知らずにしているんじゃないか・・と考えたわけですね。

 

まずは、禁止コンテンツにひっかかってないか。

 

こちらを参考に。

禁止コンテンツにひっかかってないかをチェックしたわけです。

support.google.com

さすがに、これは大丈夫そう。

今度は必須コンテンツです。

 

必須コンテンツでもらしていものがないか?

 

こちらを参考に。

チェックをしてみると・・・。

support.google.com

あ・・。

ここで、プライバシーポリシーを、作ってないのに気づきました。

今は必須コンテンツなんですが、自分が審査に通った時はまだ必須コンテンツではなく、その後も特に問題なかったので放置してました。

正直、この時は「これだ!」と思いました(笑)

さっそく、作成しました。 

といっても。

はてなブログPROだと、固定URLページが作れるらしいですが、無料ブログでは無理なので、使えるのは「aboutページの自由記述欄」くらいです。

文字数の制約があるので厳しいですが、なんとか、以下のような最低限の内容にまとめてはりつけました。

<p>当ブログは、以下の「プライバシーポリシー」にのっとって運用しています。</p>
<h2>当ブログに掲載されている広告について</h2>
<p>当ブログでは、第三者配信の広告サービスとして「Googleアドセンス」を利用しています。</p>
<p>Googleアドセンスでは、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、「Cookie」を使用することがあります。</p>
<p>このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、<a href="http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/">こちら</a>をクリックしてください。</p>
<h2>当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて</h2>
<p>当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。</p>
<p>Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。</p>
<p>このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。</p>
<p>この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。</p>
<h2>当ブログへのコメントについて</h2>
<p>次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人であるBOKUの裁量によって断りなく削除する事があります。</p>
<ul>
<li>特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。</li>
<li>わいせつな内容を含むもの。</li>
<li>禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。</li>
<li>その他、公序良俗に反するなど、管理人によって掲載が不適切であると認められるもの。</li>
</ul>

 これでaboutページを「プライバシーポリシー」のページにして、サイドバーに「プライバシーポリシー」としてリンクをはって、よしよし・・と48時間待ってみたのですが、やっぱり駄目だったのですね。

 

無駄だった対応 その5

 

もうひとつ、上記と並行してやったことがあります。

広告のコードを「同期」のものに置き換えたのです。

Googleアドセンスの広告ユニットには同期と非同期があります。

推奨はレスポンシブで、非同期です。

ですが、非同期の場合は「すべてのページについて徹底的にテストを行うことをおすすめします」なんて書かれているので、ひょっとして状況で表示されないケースがありえるのかもしれません。

support.google.com

ということで。

念のため、同期タイプに置き換えてみました。

まあ、結果的には、ほぼ意味のない対応でしたが(笑)

 

最後に

 

正直なところ。

全く無駄なことをさせられたな・・と思う反面、調べることを面白がっている自分もいたわけで、別に腹はたってません。

こうやって、ブログのネタがひとつできましたしね。

でもねえ。

天下のGoogleともあろう会社が、何の連絡もなく、配信を止めるなんてことがあるとは思ってもなかったので、驚きはしました。

まあ。

2018年には23億件もの不正広告をブロックした・・なんてブログに書いているくらいなので、Googleもなりふり構っていられないくらい、そういう類が多いのかもしれないですけどね。

www.blog.google

ではでは。