"BOKU"のITな日常

BOKUが勉強したり、考えたことを頭の整理を兼ねてまとめてます。

YouTubeの有害コンテンツ報告機能って、どこまで機能してるのかな?

YouTubeコンテンツの健全化に協力したい気持ちはあるのだけれど。

f:id:arakan_no_boku:20201111213205p:plain

 

報告のやり方を確認してみた

 

YouTubeに報告機能のことを最近知りました・・というか、「あるはずだ」と思って探して見つけました。

なんで探したかというと、やたらと迷惑なYouTuberのニュースを見て、超不快になって、偶然でもそんな動画を見つけてしまったら「こんなものに広告のせるな!」と文句のひとつも言いたくなるだろうなと思ったからです。

ちなみに、報告のメニューは動画の下の「・・・」メニューにあります。

f:id:arakan_no_boku:20201111222252p:plain

www.youtube.com

動画以外のレポート(報告)の方法も細かくここにのってます。

support.google.com

さすがグーグル。

万全です。

 

よし報告するぞと思ったものの

 

報告の仕方はわかったものの、まだ、一度も報告してません。

というか・・。

報告する機会がありません。

当たり前ですが、報告するには動画を見なければなりません。

動画の違反内容に最も合う報告理由を選択します。
タイムスタンプや違反の説明など、審査チームによる判断の際に役立つと思われる詳しい内容があれば入力します。

でも。

YouTubeの有害コンテンツを削除するために、自分が時間をとって、わざわざ報告できそうな動画を探すなんてことは・・まあ、しません。

そんなことしても楽しくない=無駄な時間ですし。

その目的のためであっても動画を見てしまうということは、再生回数を稼ごうとして有害コンテンツをアップロードしている奴の思うつぼですし。

結局。

普段何気に見ている動画に、不快に感じるような有害コンテンツが含まれていたら報告しよう・・という受け身な感じにならざるをえません。

そうすると。

報告しなければならない動画を目にする機会はほぼゼロです。

だって、YouTubeって自分の見ている動画の傾向から候補を表示してくれるし、主に、気に入ったものをチャンネル登録してみていますから。   

だから、YouTubeで有害コンテンツを目にする機会があるのは、そういうのが好きな人なので、そんな人たちがGoogleに問題を報告なんかするわけはない。

つまり。

見つけたら報告するつもりの人は、わざわざ見ない限り有害コンテンツの動画は見ないし、逆に、有害コンテンツをみる人は報告しない。 

うーん。

YouTubeの有害コンテンツ報告機能って、どこまで機能してるのかな?

不思議です。

ではでは。