アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人になれないと考える理由。

挫折したことがないとか、失敗経験がない人には、あまり近づきたくないな。

 

最近、そう思うことが多いです。

 

ひがんでるわけじゃないですよ。

 

なんか、息苦しいんですね。

 

怪我をしたことがない人は痛みを知りません。

 

それと同じで、失敗や挫折を経験したことのない人は、「心の痛み」を知らないままきています。

 

だから、「凄いな」とは思うけど「尊敬」はできないし、尊敬できる人と一緒に仕事する時に感じる高揚感はないんです。

 

だから、あまりお近づきになりたくはないです。

 

とはいえ、何人かには会いましたけどね。

 

俺は失敗なんかしない。

 

成功者として人生を歩んできたんだって、胸をはってる人に。

 

期待を裏切らないというか、ほぼ予想通りでした。

 

なんか、こう、「俺はすごいだろ!かっこいいだろ!」みたいな自己主張オーラが強すぎて、息苦しいんですね。

 

やっぱ、尊敬はできないな。

 

もちろん、個人的に「この人はすごいな。尊敬するな。」と思えた人も何人かいました。

 

そういう人に共通しているのは、やはり謙虚さです。

 

それと、挫折や失敗の経験の話が深いんです。 

 

そういう話をきいて、「失敗の経験って決してマイナスではないんだな。」と思えるようになってきたんです。

 

自分の経験でも、気づいたことがあります。 

 

その気付きとは、「失敗は、やる気のなかった時期にはしてない。」という事実です。

 

考えてみれば、当たり前です。

 

やる気のないときは、言われたこと以外しませんからね。

 

実は、言われたことも、ちゃんとできてないんですけど、それは、「ちゃんとやらないで怒られた!」というだけで、失敗だとも思ってませんし。

 

じゃあ、失敗をどんなときにしたかというと、多少、心をいれかえて仕事しようとやる気をだした時です。

 

気持ちだけで、能力がないのだから、これも当然です。 

 

そういう時って、ちょっとうまくいくと調子にのりますし。

 

やる気だけはあるので、多少のリスクはあっても、自分で手をあげてやろうとする。

 

前に失敗したところは、さすが注意するのでうまくいく。

 

それで、調子にのって余計なことをやって失敗する。

 

このパターンが多かったです。(^_^;)

 

自分にとって一番幸運だったのは、自分の失敗の後始末は、自分でしないといけない環境にいたことですかね。

 

誰も助けてくれないという状況は、ある意味過酷で、その時は文句を言ってましたが、結果的には、失敗の後始末のノウハウを学ぶことができたので、すごい良い経験になりました。

 

自分で失敗して、自分で後始末して・・。

 

これを、ひたすら繰り返すわけです。

 

これは得難い経験でした。

 

何故かというと。

 

謝罪やトラブル対応の場数を踏んでる人間は、意外に少ないんです。

 

だから、その経験は、後半の人生における、自分のアドバンテージになってます。

 

自分の後始末ばっかりしてたはずなのに、いつのまにか、他人のトラブルの後始末も頼まれるようになったりしてですね。

 

やりながら、失敗の匂いを感じるので、事前に避けれるようにもなりました。

 

こうなったら、スキルと呼んでいいと思うんです。

 

謙虚さも身につくし、人と差別化できるスキルも身につく。

 

失敗や挫折の経験は、必要だよな。

 

しみじみ、そう思うんです。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

なんでも自分が理解できなるなんてのは、思い上がりですね。