"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない

俺は失敗したり、挫折したことはない!・・そんなオーラを出している「成功者」の方々と会う機会があったのですが、どうも・・素直に凄いなと思えない理由を自分なりに考えてみましたというお話です。

 

f:id:arakan_no_boku:20180929002943j:plain

 

すごい人なんだろうけど、お近づきになりたくないと思う人

 

経営者とかが集まる会合やパーティ的な催しがたまにあります。

自分はそういう場が嫌いなので、いつも逃げ回ってたのですが、自分も役職についていたりした時、どうしても逃げられずにでる羽目になる時があります。

そんな時。

たまに自信満々の成功者オーラ出しまくりの人がいます。

もう自信満々で、自分の成功をみじんも疑っていない。 

失敗とかしたことがないんだろうな・・。  

すごい人なんだろうな。

とは思います。 

でも、あまりお近づきにはなりたいな・・とも思ってしまうわけです。(笑)。

何でだろう・・を考えてみました。

 

ひがんでるわけじゃないですよ。

 

その人達が、成功している分野において能力的に優れている。 

それは間違いないはず。 

素直に「凄いな」と思います。 

パチパチパチ・・・。

だけど。

正直な気持ちとして。

尊敬できるか?

見習っていきたいか?

そう聞かれると、困るのですね。

そもそも。

凄いなと思うことと、尊敬できることは違います。

見習うというか、その人みたいになりたいか・・っては、もっと別次元の話ですしね。

 

人として薄っぺらい感じがするからかな?

 

じゃあ。

なぜ、「お近づきになりたくもなく、尊敬したくもなく、見習いたくもない」と思ってしまうのかなんですが。

まず、お近づきになりたくない理由。

これは簡単です。

個人的に、なんか「息苦しさ」を感じているからだと思います。 

なんか、「俺はすごいだろ!かっこいいだろ!」みたいな自己主張オーラが強くて圧倒されている感じって楽しくないですからね。

もうひとつ、「尊敬したくもなく、見習いたくもない」理由。

それは、その人について「失敗したり、挫折した人の痛みを知らないんだろうな」と思えてしまうからだと思います。

基本的に。

自分は、痛みを知らない人を信じられません。

痛みを知らない人は「優しいふり」はできても、「本当の意味で優しくなる」ことはできないと信じてますから。

優しさのない人間って・・。

魅力ないですよねえ。

人として、すごい薄っぺらに感じてしまう。

そういう人と一緒にいる時間は楽しくないです。

時間の無駄だなと感じてしまう。

我ながら、ひどいこと言ってますが(笑)

 

褒められたがっていると感じる人は褒めたくないからかな?

 

痛みを知らなくても「成功者」にはなれます。

実際、いっぱいいます。

そういう人は。

会ってお話するとすぐわかります。

そんな時に自分が一番恐れるのは、相手に気に入られて色々とお誘いを受けることなのですが、有難いことに、そういう「成功者」に、自分が好かれることはありません。 

1回会って表面的にはにこやかに話はしますよ。

お仕事の一環ですから。

ても、続けてお誘いをうけることは、今まで100%ありません。 

理由はなんとなくわかります。

自分は嘘をつくのも下手なので、心の中で「お近づきになりたくない」と思っていることを、大人のマナーとして露骨に顔や態度にはださないようにしてるんですけど。

ばれているんでしょうね(笑)

まあ。

誘われないほうがありがたいので、全然困らないんですけどね。 

 

尊敬できる人に共通すること

 

もちろん。

会って話をして、素直に尊敬できるし、見習いたいと思った人も大勢います。

その人達に共通するのは、謙虚な態度です。 

本物ってことなんでしょうね。

他の人と比較すれば「能力の高さ」や「人としての凄さ」があるといっても、当人にとっては、それが普通なわけです。

あえてアピールする必要もないから、自然にふるまえるし、謙虚にもなる。

そういうことなんでしょうね。 

もうひとつのポイントは。

時折、話される自身の挫折や失敗の経験の話が深いことです。 

こういう人たちの話は面白いし、好きです。

聞いて、「失敗の経験って決してマイナスではないんだ。」と思えたり、さらに、「失敗の経験をしたから、それを乗り越えてきたからこそ、こういう凄い人格になれたんだろうな。」とすら思えます。  

人間としての深みというんでしょうか。

見習いたいと思うのは、そういうところを感じた時です。

 

失敗はやる気のない時にはしなかったなと今更気づく

 

そんなことをツラツラ考えつつ・・還暦を超えた年齢になって、やっと気づいたことがあります。  

それは、「失敗は、やる気のない時にはしなかったな」という事実です。 

考えてみれば、当たり前です。 

やる気のないときは、言われたこと以外しません。 

自分からすすんでやることはありません。

だから。

言われたことが、ちゃんとできなくても、それは、「ちゃんとやらないで怒られた!」というだけであって、「失敗」ではないんです。 

じゃあ、「失敗」するのはどんなときか?

それは、心をいれかえてやる気をだした時です。 

もちろん。

最初の方は気持ちだけで、まだ能力がありません。 

まあ・・失敗しますよね。

失敗して。

前に失敗したところは、修正して。

それでうまくいっても、調子にのって余計なことをやって、また、失敗する。 

でも、とことん前を向いているからこその失敗だからこそ、「失敗の経験って決してマイナスではないんだ。」と思えるような経験に化けるのかもしれないです。

 

自分で自分の後始末をする経験も大事だな

 

それに加えて・・ですが。

自分の失敗をどうケリをつけるか。

失敗をすると必ず、この問題がつきまとうのですが、できるだけ自分の失敗は自分で後始末をつけるようにする・・という当たり前のことを、きちんとやってきた人っていうのは違うよなってのはあります。

自分の経験で考えても。

自分でやると失敗の後始末のノウハウを学ぶことができて、辛いですけど、得難い経験になってますから。

自分で失敗の後始末をするということは、失敗の原因(なぜ、失敗したのか)を体に刻み込むことができます。

だから、同じ失敗を本能的に避けられるようにもなるんだという話をしてくれた人もいましたが、その通りだとも思います。

それに何より。

そうやって自分で苦労して身体に刻み込んだ失敗や挫折の経験こそが人間の深みみたいなもんになるんだなと考えると、「失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない」ってのは正解だと思います。

自分はね。

 

追記

 

マウスの実験のことでしかないとも言えますが、失敗がらみの話題で面白い記事がありました。。

gendai.ismedia.jp

失敗が多いほど、早く学習できる・・ってのは、なんか、真理な気がしますね。