"BOKU"のITな日常

興味のむくまま気の向くままに調べたり・まとめたりしてます。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない

f:id:arakan_no_boku:20180929002943j:plain

部長とかの肩書がついてたころは、仕事のおつきあいや自己啓発的な会合やパーティ的な催しのお誘いをうけることが良くありました。

自分はそういう場が嫌いなので可能な限り断るのですが、どうしても断れずに出席しなければならないときもありました。

そんな時。

自信満々の成功者オーラ出しまくりの人に会うことがありました。

  • 俺のすることに間違いはない。
  • 俺に失敗なんかありえない。
  • 挫折なんて、俺の辞書には存在しない。

そんな感じで、表情・態度・言葉の端々に自信と野心がほとばしるお話を、熱く語っていただけたりしたのですが・・。

ごめんなさい・・正直、苦痛でした。

いちおう、「はーー。凄いですね。」とか相槌をうって話をあわせてはいますが、心の中では、どうやってこの場から逃げようかと考えていたわけです。(笑)

失礼とは思うのですけどね。

いかんともしがたかったです。 

 

もちろん、ちゃんと話はは聞くのですよ。

でも、途中で、自分にとって「尊敬(リスペクト)すべき人」に思えなくなってきたら、もう無理です。

自分の経験から。

  • お金持ちである。
  • 社会的に高い地位についている

こういうことと、自分が「尊敬(リスペクト)すべき人」だと思えること間に相関性はありません。

この人はすごいと思ってつきあってみたら、「ゲス」だったり「いやらしい考え」とか「差別的な考え」をもっててショックをうけた・・というような経験を何十年にもわたってやってきましたからね。

言い切れると思ってます。 

 

経験的に。

うまく行っている時に人の本質はわかりません。

本質がゲスな人でも、余裕があるときは良い人を装えます。

でも。

躓いたとき。 

失敗とか。

挫折とか。

マイナスの局面になった時に本性が現れるのですが、実は本人ですら、そうなったときに自分がどうなるかなんてわかってないんですよね。

わからないものは治しようがありません。

だから、社会的にダメージの少ない若いときに「失敗や挫折した時の自分の本性を知らないできた」人というのは、とても危うい存在だと、自分は思ってます。

 

さらに、やっかいなことに、失敗や挫折がもたらす、肉体的・精神的な痛みも経験しないとわからないわけです。

特に心の痛みの部分は想像すらできません。

悲しんでいる誰か。

落ち込んでいる誰か。

そいういう人がいると「がんばれよ」とか「大丈夫だよ」なんて言葉をかける程度のことはだれでもできますし、優しい心遣いができるつもりにはなれるのですけれど、そんなものが何の役にもたたない場合があるってことも経験しないとわかりません。

自分の経験ですけど。

自分が挫折して心が折れかけているときに、なんとなく「がんばれ」とか「大丈夫」なんて声をかけられると、その「がんばれ」に余計傷ついたり、無責任な「大丈夫」に怒りがこみ上げたりしましたからね。

何もせず放っておいてあげる方が本当は優しいときもあるということは、自分で失敗や挫折を経験しないとわからないな・・と思ったものです。

 

だから。

失敗も挫折も経験したことがない。

つまり、それに伴う「身体の痛み」も「心の痛み」も経験したことがない。

そんな人間が「優しい」わけがなく、人として、すごい薄っぺらである可能性は高いと、どうしても思ってしまいます。

そういう人を尊敬(リスペクト)できるわけないですよね。 

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない。

自分はそう信じてます。

 

とはいえ。 

失敗や挫折なんてしようと思ってできるものではありませんしね。

そう考えたら。

失敗や挫折の経験ができること。

そしてそれを乗り越える機会を与えられること。

それ自体も運なんでしょうね。

失敗も挫折もなくうまくいっているときは、それが最上であるように思うのですけど、実は、本物になれるチャンスにまだ巡り合っていないともいえるわけです。

だから「失敗した」とか「挫折をあじわった」というとき。

正直、つらいですし、悲しいですけど。

それでも。

そこをなんとか乗り切ることができたら、一段「本物」に近づける機会が与えられたんだと、あとで思える可能性はあるということなんだと、自分は思います。 

うん。