"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない

俺は失敗したり、挫折したことはない!・・そんなオーラを出している「成功者」の方々と会う機会があったのですが、どうも・・素直に凄いなと思えない理由を自分なりに考えてみましたというお話です。

 

f:id:arakan_no_boku:20180929002943j:plain

 

失敗や挫折とは無縁だという人に会うことがあります

 

経営者とかが集まる会合やパーティ的な催しがたまにあります。

自分はそういう場が嫌いなので、あまりでません。

でも、会社勤めの身なので、どうしても断れずに出席する時があります。

そんな時。

たまに自信満々の成功者オーラ出しまくりの人に会うことがあります。

もう自信満々で、自分の成功をみじんも疑っていない。 

俺のすることに間違いはない。

俺に失敗なんかありえない。

挫折なんて、俺の辞書には存在しない。

そんな感じで。

言葉の端々に自信と野心がほとばしるような人です。

そんな時。

はーー。

ほーー。

とか相槌をうって話をあわせながらも、あまりお近づきにはなりたいな・・と思いつつ逃げるタイミングをはかる時間は拷問のようです(笑)。

 

凄いな・・と思うけど、尊敬はできないという違い

 

自分は。

どちらかと言えば「優れた人のお話を聞くのは好き」な方です。

勉強になることが多いですから。

だから。

そういう成功者の話も素直に聞いて参考にすればよいのです。

拷問だなんて思わずに。

だけど、悲しいかな、頭のどっかがそれを拒否します。

その人(達)が、成功している分野において能力的に優れている。 

それは間違いなくて。 

それに関しては自分も「凄いな」とは思うわけなので。 

素直に傾聴すればよいのですけどね。

だけど。

正直な気持ちとして、無理で。

なぜかというと、たぶん「尊敬できるか?」と聞かれると・・違うからです。

そもそも。

凄いなと思うことと、尊敬できることは違います。

そして自分が話を聞きたいと思うのは「尊敬できる」人のほうなんだな・・と、改めてそこで気づいたりするわけなんです。

 

人は失敗や挫折した時に本当の姿をさらけだす

 

じゃあ。

なぜ「凄いと思うけど、尊敬できない」と思ってしまうのかなんですが。

たぶん。

この人はまだ「失敗や挫折した時の痛みを知らない」と思うからです。

基本的に。

自分は、痛みを知らない人を信じません。

経験上。

うまく行っている時に人の本質は現れません。

うまく世の中の流れにのっている会社は社長がどんなボンクラでも潰れません。

でも、生まれてから死ぬまで、絶頂のままで人生を駆け抜けられる人なんかいません。

どっかでつまづきます。

そういう。

失敗とか。

挫折とか。

マイナスの局面になった時に、その人の本性が現れます。

実際の経験でも。

失敗・挫折に直面した時に、うまくいっている時の表の顔とは真逆の本性をさらけ出してしまったり、一度の失敗で心が折れてしまったような人を見てきました。

だから。

うまくいってる時だけの顔がどんなに素晴らしくても、一度の失敗で折れたり、逆上したりする奴かもしれない。

そう疑っている相手を尊敬はできない。

当たり前です。

 

痛い目にあった人しか、人の痛みはわからない

 

痛みを知らない・・と思う相手を尊敬できない理由。

もうひとつあります。

痛みを知らない人は「優しいふり」はできても、「本当に優しくなれない」からです。

これも当たり前の話で。

身体の痛み。

心の痛み

どちらも自分で経験したことがなければ、それがどんなものかわからないからです。

優しさのない人間って・・。

魅力ないですよね。

人として、すごい薄っぺらに感じてしまう。

そういう人を尊敬はできるわけがありません。  

 

本物は謙虚にしてても相手に凄さが伝わるんだな

 

もちろん。

尊敬できるし、見習いたいと思った成功者も大勢います。

少し立ち話をさせていただいた時の言葉を、今だに自分の生きる指針にさせていただいているくらい感銘をうけた方もいます。

まえに書いた「尊敬できない人」と「尊敬できる人」。

何が違うのかな?

そう考えると、まずは「謙虚な態度」が思い浮かびます。

本物の優れた人がある種の「オーラ」を持っているというのは本当です。

別にまとっている光が見えるとか、そんな話ではありません。

会って、ちょっと話をすれば「あ・・、この人は本物だ」と感じさせる何か・・という意味のオーラです。

自分からあえて宣伝しなくても相手に伝わる。

それがわかっているからこその「謙虚な態度」ということです。

そういう人のお話を聞いていると。

失敗や挫折を、自分が鍛えられた良い経験として語られることが多く感じます。

自慢でもなく。

ただ淡々と語られるそういう話を聞くと、「人間としての深みって、挫折や失敗の経験を乗り越えるところから生まれてくるんだなあ・・」とつくづく思えます。

よく考えてみれば・・。

自分が、この人を見習いたい。

そう思うのは、そう思った時だったような気がします。

 

失敗や挫折を経験できるのも運なのかなと思う

 

 考えてみたら。

失敗や挫折の経験ができること。

そしてそれを乗り越える機会を与えられること。

それ自体も運なんじゃないかと思います。

本物になれるチャンスを与えられるという意味で。

その時点で「天に選ばれし人」です。

 

だからなんでしょうね。

適切に失敗や挫折を経験する機会を与えられ、かつ、それを乗り切る能力と気力と運を与えられ、本物になることのできた人が、人と違うオーラを放てるのは。

そう考えると。

まだ失敗も挫折も経験させてもらえていない「成功者」というのは、実は天に選ばれていない人・・なのかもしれません。

そう考えると。

尊敬できないな・・と直感的に感じる理由も、なんとなく、納得できる気はします。

 

追記

 

マウスの実験のことでしかないとも言えますが、失敗がらみの話題で面白い記事がありました。。

gendai.ismedia.jp

失敗が多いほど、早く学習できる・・ってのは、なんか、真理な気がしますね。