"BOKU"のITな日常

還暦越えの文系システムエンジニアの”BOKU”は新しいことが大好きです。

資格をたくさん持っていることが転職で有利にならない理由

資格を取得するのは、良いことですし、資格がないと、できない仕事もあります。 

でも、持っていれば、就職に有利だとかって資格に対して過度な期待を持っていると、結構残念な目にあったりしますよ・・という、今回は、そういう話です。

f:id:arakan_no_boku:20190227194533j:plain


 

実務ができる人=資格を沢山もっている人ではない 

 

以前、採用面接に関わってたことがあります。 

採用の面接結果をとりまとめて、誰を採用するかを話し合う場にも同席してました。 

その時、こんな経験をしました。

応募者の中に高度情報処理の資格をたくさん持っている人がいたのですね。

それを見て、自分が「すごいですね」と感心していると、人事担当から笑われて、むしろ「逆だよ」と言われました。 

何故かと聞くと。

ITの世界で、本当に実務のできる人は例外なく非常に忙しい。

だから、そんなに沢山の資格試験を受ける暇はないはずだ。

だから、資格を必要以上にたくさん持っている。

つまり、それだけ「実務では役に立たないから暇だったのではないか・・。本人もそれを自覚しているから、資格を必死にとったのではないか・・。」と考えた方が当たってることが多いから、要注意なんだとか。 

 

実務のできる人が必要なのであって、資格ではない

 

なるほどなあ・・。

企業がほしいのは、仕事ができる人であって、資格という肩書がほしいわけではない。 

当たり前と言えば当たり前です。 

このあたりのことを、ストライプインターナショナル社長 石川康晴氏がインタビューでうまいこと言われてます。

style.nikkei.com

引用します。

MBAホルダーという肩書きが欲しくて行くのは、柳井さんがおっしゃる通り時間の無駄だと思いますが、経営者に限らず、イントレプレナー(社内起業家)や、自分が所属する組織を変えたいという改革心のある人には、MBAは有効だと思います

そうなんですよね。 

どんな資格にも言えることです。 

それに資格に見合った能力をだしている人って、資格とってからも、ずっと能力を維持するために勉強してますもんね。  

 

ペーパードライバーはいらないのだ

 

資格という肩書をとっても、安心し勉強をとめてしまってたら、ペーパードライバーみたいなもんで、ほとんど役にたちません。  

そう考えると、あまりにも沢山の資格を持っている人は、逆に要注意という見方をされるのもうなづけます。 

いろんな見方があるもんだな・・とは思いますが。 

そういうもんみたいです。