"BOKU"のITな日常

興味のむくまま気の向くままに調べたり・まとめたりしてます。

プログラミングの変数・メソッドの命名でよく使う英単語まとめ

f:id:arakan_no_boku:20190412011555j:plain

今回は、プログラミング時の「メソッド名」「変数名」の命名で、よく使う英単語を整理して英単語のカンニングペーパー的なものにします。

特に、英語にある「同じ意味でもニュアンスによって使い分けされるもの」がわからなくなりがちなので、そのあたりを注意してまとめます。

目次

オブジェクト・変数の操作(メソッド)
単語 意味
create 構築する
destroy 壊す
serialize シリアライズする
deserialize シリアライズしたものを復元する
lock ロックする
unlock ロックを解除する
activate 活性化する
deactivate 非活性化する
clear ~の中身だけを消す
delete ~を外側ごと消す
erase ~を消去する(復元不可能)
trash ~を破棄する(復元可能)
create ~を(空の状態から)生成する
generate ~を(変換して)生成する
make ~を構築する(部品を作る)
build ~を構築する(部品を組み立てる)
change ~を変更する
alter ~を(本質に手を加えずに)変更する
convert ~を変換する。科学的に変える。
modify ~をよりよく変更する。
transform ~を劇的に変更する
外部との入出力(メソッド)
単語 意味
load 外部データをメモリに展開する
save メモリの内容を外部に保存する
entry 入力する(書きっぱなしのニュアンス)
input 入力する(内容をチェックするニュアンス)
output 出力する(そのまま)
export データベース等から外部ファイルなどに出力する
import 外部ファイル等からデータベース等に取り込む
restore 格納したオブジェクトを復元する
backup データをバックアップする
restore データをバックアップから復元する
データの格納と取り出し (メソッド)
単語 意味
push スタックにつむ
pop スタックから取り出す
push スタック以外に収める
pull スタック以外から引き出す
stash 隠す
pop 隠したものを引き出す
enqueue キューに入れる
dequeue キューから取り出す
sample 無作為に取り出す
fetch 取り出す
store 格納する
fetch 投稿等を取り出す
post 投稿等を投じる
search 検索する
retrieve 検索して取り出す
find データが存在している前提で探す
seek 探す
lose 見失う
apply 登録する(要審査)
register 登録する(確定済のもの)
unregister 登録を取り消す
configure 設定する
cancel 解除する/行為をとりやめる
データベース・ファイル操作(メソッド)
単語 意味
connect 接続する
disconnect 切断する
fetch 条件を指定して1行分取り出す
fetch_all 条件を指定して複数行取り出す
insert DBレコードを挿入する
update DBレコードを更新する
delete DBレコードを削除する
rollback DBレコードの更新を元に戻す
open 開く
close 閉じる
read 読む
write 書く
データの取得・設定・変換(メソッド)
単語 意味
find ~を(見つかる前提で)検索して取得する
search ~を検索して取得する(見つからないかも)
seek ~を順番に探査して取得する
extract ~を条件にそって抜き取る
get ~を取得する(一般)
acquire ~を取得する(推論結果等価値があるものを得る)
obtain ~を取得する(許可や証明・資格などを得る)
earn ~を取得する(報酬的なものを得る)
set ~を設定する
unset ~を設定しない
reset ~を初期化してやり直す
to ~を変換する(convert_toと同じ)
replace ~を置き換える
join ~を結合する
filter ~を条件に基づき除外して取得する
parse ~を解析する
exclude ~を排除する
ignore ~を無視する
データの計算 (メソッド)
単語 意味
compute ~を計算する(一般的な計算)
calculate ~を計算する(複雑な計算)
vectorize ~をベクトル化する
add ~を加算する
subtract(sub) ~を減算する
multiply(mul) ~を乗算する
divide(div) ~を除算する
square ~を二乗する
cube ~を三乗する
add ~を追加する
remove ~を削除する・取り除く
increment(inc) ~に1加算する
decrement(dec) ~から1減算する
gain ~を増やす
reduce ~を減らす
操作の許可(メソッド)
単語 意味
allow 許可する
deny 許可しない
permit 厳密に許可する
prohibit 厳密に禁止する
accept 要求を承認する
grant 権限を与える
enable 利用可能にする
disable 利用不可にする
commit やる(確約する)
omit やらない
recognize 存在を認める
ignore 無視する
状態の変更・操作(メソッド)
単語 意味
attach 結びつける
detach 切り離す
suspend 休止する
resume 復帰する
enable 有効にする
disable 無効にする
optimize 最適化する
standardize 標準化する
normalize 正規化する
brief 要約する
supplement 足りないものを補う
complement 相互補完する
merge (複数を)統合してひとつにする(分解不可)
combine 混ぜる・組み合わせる(分解可)
separate (混ぜ合わせたものを)分ける
divide (ひとつのものを正確に)分ける
split  分割する(主に文字列)
slice  (配列やリストから)切り出す
trim (両端の余分な空白等を)取り除く
share 分け合う
dedupe 重複を排除する
replace 置き換える(継続的な意味合いがある)
substitute(sub) 置き換える(一時的な意味合いがある)
プロセス・処理(メソッド)
単語 意味
preprocess ~の前処理をする
postprocess ~の後処理をする
deprocess ~の戻し処理をする
process ~を処理する
undo 操作を取り消す
redo 操作の再実行
start 動き始める  対:stop
stop 止める
begin 開始する  対:end
break 処理途中で終了する 
abort 異常終了する
finish 段階的に終わる
suspend 中断する
end 完結する
begin 状態を開始する
quit 状態から離れる
exit 状態から抜ける
open プロセスを開く
shut プロセスを閉じる
call ~を呼び出す
execute ~を内部的に実行する
run ~をユーザが実行する
eval ~を式として評価して実行する
状況の確認(メソッド)
単語 意味
is  ~であるかどうか
can  ~を行うことが可能か
shoud  ~を実行するべきかどうか
need  ~を実行する必要があるかどうか
has  ~のプロパティやデータを持っているか/~がすでに完了しているか
exists  ~が存在しているか
contains  ~が含まれているか
affirm ~だと断言できるかどうかを確認して結果を返す
check ~を検査して結果を返す
confirm ~が真実であることを確認して結果を返す
identify ~が本物であることを確認して結果を返す
validate ~が規則違反をしていないかチェックして結果を返す
状態の確認(複合例:メソッド)
単語 意味
is_null NULLか
is_empty 空か
is_null_or_empty NULLまたは空か
is_valid 有効か
is_enabled 利用可能になっているか(静的)
is_available 利用可能になっているか(動的)
is_visible 表示状態か
is_ready 準備はできているか
can_run 実行可能か(ユーザ)
can_execute 実行可能か(内部処理)
can_save 保存可能か
can_close 閉じることが可能か
has_saved 保存済か
has_changed 変更されているか
has_next 次があるか
has_previous 前があるか
is_normal 正常な状態か
is_no_error エラーがないか
比較(メソッド)
単語 意味
compare 比較する。(大=1、等しい=0、小さい=-1)
is_same 同じか
is_correlated 相関関係があるか
is_similar 似ているか
is_match 条件・特徴が一致しているか
is_big サイズが大きいか
is_small サイズが小さいか
is_max 最大か
is_min 最小か
equals 等しいか
eq 等しいか
ne 等しくないか
is_under より小さいか
lt より小さいか
is_over より大きいか
gt より大きいか
is_or_under 以下か
le 以下か
is_and_over 以上か
ge 以上か
is_many 多いか
is_few 少ないか
is_wide 幅が広いか
is_narrow 幅が狭いか
is_high 高さが高いか
is_low 低いか
ログイン・認証(メソッド)
単語 意味
log_in ログインする(UNIX)
log_on ログインする(Windows)
sign_in ログインする(Web)
log_out ログオフする(UNIX)
log_off ログオフする(Windows)
sign_out ログオフする(Web)
sign_up アカウントを登録する
cancel アカウントを退会する
sign_on 書類にサインする
certification 三者が証明する
authentication 本人認証する
identification 本人確認行為
identifier 本人情報
identity 本人特徴情報
ネットワーク・コネクション(メソッド)
単語 意味
connect 接続する
disconnect 切断する
download ダウンロードする
upload アップロードする
request リクエストする
respond レスポンスを返す
機械学習結果評価(メソッド)
単語 意味
accuracy

正答率

全体の中での正解の比率。 適合と判断した正解と不適合と判断した正解のどちらも「正解」に含める

precision

適合率

適合と判断した中でのみの正解率この場合、不適合と評価したものは正解であっても含めない.

recall

再現率

適合と判断すべきものの中から、どのくらい正しく適合と判断できたかの比率

その他もろもろ(メソッド)
単語 意味
uc(upper_case) 大文字にする
lc(lower_case) 小文字にする
show 表示する
hide 非表示にする
collapse 折りたたむ
expand 展開する
toggle 切り替える
turnOn オンにする
turnOff オフにする
classify 分類する
predict 予測する
adjust サイズにあわせる
adapt 環境にあわせる
draw 描く
erase 消す
up 上がる
down 下がる
next 順番の次へ
previous 順番の前へ
go 前へ進む
back 後ろに下がる
comment コメントする
uncomment コメントを解除する
via ~を経由して
from ~から

変数に使う関連語・対義語とかをまとめてみます。 

before・afterみたいに、対になるものを横並びにしています。

おおよそ「位置関係」と「状態」の2つにざっくり分けてます。

位置関係(変数)
単語 意味
src / dest 送り元/行き先
source / destination 送り元/行き先
left / center / right 左/中/右
top / center / bottom 上/中/底
before / after 前/後
front / back 前側/後側
forward / backward 前面/背面
foreground / background 前景/背景
ahead / on_schedule / behind 予定より早い/予定通り/予定より遅い
next / current / previous 次/今/前(時間軸)
in / out 中/外
north / south 北/南
east / west 東/西
under / over 下回る/上回る
or_under / and_over 以下/以上
old / new 旧/新
first / last 最初/最後
min / average / max 最小/平均的/最大
yes / no はい/いいえ
head / tail 頭/尾
large / small 大きい/小さい
big / small 大きい/小さい
parent / child / children 親/子/子どもたち
others / sibling / self 他人/(男女別なし)兄弟/自分
ancestors / descendants 先祖/子孫
header / body / footer ヘダー/ボディ/フッター
server / client サーバー/クライアント
kind / class / type 大まかな種類/階級/一般的な種類
grade / level / rank 等級/水準/順位
config / setting / preference 構成設定/ソフト設定/表示や挙動設定
状態(変数)
単語 意味
open / closed 開いている/閉じている
old / new 古い/新しい
prefix/suffix 接頭/接尾
dry / wet 乾いている/湿っている
past / now / future 過去/現在/未来
permission / prohibition 許可/禁止
fast / slow 速い/遅い
quick / slow 素速い/遅い
good / bad 良い/悪い
same / different 同じ/違う
normal / abnormal 正常/異常
normal / error エラーがない/エラーがある
regular / irregular 規則的な/不規則な
general / specific / special 一般的/特定の/特別な
usual / unusual いつもの/日常的ではない
ordinary / special 普通の/特別な
common / uncommon 共通の/共通でない
visible / hidden 表示状態/非表示状態
valid / invalid 有効な/無効な
enabled / disabled 利用可能な/利用不可能な(静的)
available / unavailable 利用可能な/利用不可能な(動的)
provider / user 提供者/使用者
host / guest 招く側/招かれた側
caller / callee 発信する側/される側
on-premise / cloud 自社システム/クラウドサービス
expression / formula 評価式/公式
equation / inequality 方程式/不等式
limits / bounds 制限内/境界/範囲
act / action / behaivior 単一行動/集団行動/振る舞い・態度
correct / right 明確な基準で正しい/一般的に正しい
unknown / misc 未知の/雑多な
required / reserved / diversity 必須の/予約された/多様な

位置関係でも状態でもないけど、よく忘れがちなものを押さえておきます。

コード・ID・引数(変数)
単語 意味
cd / code 識別子(別途コード定義あり)
id / identifier 識別子(別途コード定義なし)
no / number  識別子ではない数字
arg  / argument  引数(単一)
args / arguments  引数(複数)・可変長引数
バッチ処理なんかの実行サイクル(変数・メソッド)
単語 意味
anytime 随時
daily 日次
weekly 週次
monthly 月次
quarterly 四半期ごと
semiyearly 半年ごと(年2回)
yearly 年次
biweekly 隔週
bimonthly 隔月
semiweekly 週2回
semimonthly 月2回
データベーステーブルのカラム名の工夫(変数)

ある程度の規模の開発だと、変数の頭に接頭語をつけることがよくあります。

経験上、接頭語をつけて一番便利だと思っているのが、データベースのカラム名です。

自分は、よく、この程度の接頭語を使います。

接頭語 意味
n_ 数字
c_ 文字
d_ 日付
b_ BLOB(バイナリ)

これらを使い、数値型なら「n_id」とか「c_code」みたいなカラム名をつけます。

こうしておくと、データ投入のためのツールを作る時とかに楽ができます(笑)

例えば。

コードの初期設定値を、EXCEL表とか書いてもらったものを取り込むとき、EXCELマクロでinsert文を出力して、データベースにつっこむみたいなことをよくします。

そんなVBAソースを書くとき、カラム名に接頭語をつけるルールになっていると、シングルコーテーション(’)で囲むカラムと、囲まないカラムの識別が楽です。

カラム名の頭に「n_」がついてなければ「シングルコーテーション(')で囲む」、でなければ「囲まない」みたいにロジックを組んで、プログラムで処理できます。

逆に、これがないと、EXCEL表の方にカラム名以外に、型情報を持ち込まないといけなかったりするので、めんどくさいです。

このあたり、ちょっとしたことですけど。

ツールは、隙間時間に片手間で作る時が多いので、ちょっとしたことが結構ストレスになる場合が多く、参加したプロジェクトでデータベースカラム名がこんな感じになってると、ちょっとだけ嬉しかったりします。

変数の頭につける接頭語

ある程度の規模になると、変数も接頭語をつけるルールのところがよくあります。

ただ、あまり細かくわけると管理がしんどくなって逆効果になることがあるので、整数か少数か文字列か日付か・・くらいのゆるーい範囲での決め事がいいのではないかと個人的には思っています。 

一般(個人用)

接頭語 意味
n 整数
f 少数
b 論理値
str(s) 文字列
d 日付
dt タイムスタンプ
ar 配列
lst リスト
dic 辞書・マップ
o 他object

機械学習時に追加(個人用)

接頭語 意味
x 学習データ
t 正解ラベル
y 演算結果
v ベクトル
bs バイアス
w ウェイト
idx インデックス

まあ。

いまんとこ、こんなものかな。 

ではでは。