アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

トラブル対応で活躍できる人の5つの共通点に気づいて、真似しようとしてみた。

システム開発の仕事にトラブルはつきものです。

 

実際、よく巻き込まれました。 

 

他の仕事でも同じだと思うのですが、トラブルの対応って、ちょっと特殊なところがあります。

 

普段、優秀な人ならトラブル対応にも強いかというと、意外にそうでなかったりします。

 

逆にトラブル対応の時にやたらと頼りになるのに、普段の仕事では問題児みたいな人も普通にいます。 

 

正直、こればかりは一緒にトラブルに巻き込まれてみないとわかりません。

 

でも、一緒に対応しながら、トラブルの現場で頼りになった人・・つまり、トラブル対応に強い人・・の資質には、わりと共通点があるなあと思うことも多かったです。

 

書いてみると、

  • 場を仕切って、「まず、落ち着け」と言える。
  • 問題と原因と対策が整理できるまでジタバタしない。
  • 対策が整理できたら、ビビらずに実行できる。
  • どこかで、なんとかなるさと楽観的に考えている。
  • 理屈ではなく、感覚で危険を察知できる勘がある。

ような感じです。 

 

どう見ても、勉強して身につくものではありませんね。

 

でも、最後の項目以外は気持ちの持ちようで真似できるかなとは思いました。

 

でも、最後の項目・・勘の世界・・になるとちょっとねえ。 

 

その実行を間違えると、もう制限時間内の解決は不可能とか・・、追い詰められた状態でやろうとしている時に、理由もなく「なんか嫌な匂いがする。ちょっと、待って」ととめられる人がいるわけです。

 

で、とりあえず待ってみると入れ違いに電話が鳴って、見落としがあったので実行をとめてくれという内容だった・・とか、もう、「なんでそれに気づける?」って感じの、理屈で説明できないことは、たくさん経験させてもらいました。

 

こういうスキルは、どうやったら身につけることができるかなあ、と考えたこともありました。

 

でも、結論としては、もう、場数をどんだけ踏んでいるか?しかないよなとしか言いようがありません。

 

ただ、この場数を踏むというのが、なかなかに厄介です。

 

もちろん、トラブルの場数をたくさん踏むのが、トラブル対応に強くなる最短ルートなんでしょうけど、これには怖い副作用があります。

 

だんだん、通常の業務では物足りなくなってきます。

 

刺激が足らないんですね。

 

いわば、トラブルジャンキーですね。

 

トラブル対応は大変です。

 

徹夜して、明け方の朦朧とした頭で目を血走らせてチェックしたり、背中に沢山の怒りの目を意識しながら作業したり、実行したら後戻りできないリカバリ処理のプレッシャーで、キーを押す手が震えたり。

 

でも、しんどい分、トラブルが解決した時の達成感もまた半端ではありません。

 

はっきり言って快感です。

 

こういう強すぎる刺激を、何回も何回も味わうと中毒性があるのは、麻薬なんかといっしょです。

 

だから、場数を「普段の仕事」で積めないかなと思いました。 

 

トラブル対応なんて、望んでするものでもありませんしね。

 

なので、「普段の仕事」の中で色々やってみました。

 

結論としては、「普段の仕事」で場数を踏むことは可能でした。

 

方法は、「0.1%でも納得できない時は、納得いくまで調べることを習慣にする」だけでした。

 

わかったのは偶然です。

 

トラブル対応のスキルうんぬんとは関係なく、やっぱ妥協しない姿勢は必要だと思って、そういうふうにしてる人の真似をしてただけです。

 

でも、普段から100%納得いくまで、きちんと理解しようと続けてたら、ある時、トラブルの現場でなんか微妙な違和感を感じとれる経験ができたんですよね。

 

ああ、こんな感覚なんだ。

 

それで、なんとなく仕組みがわかった気がしたわけです。

 

つまり、普段の仕事でも100%理解しようとしてると、知らない間に、その微妙な差や違和感の「特徴点」みたいなものを学習できてて、トラブルの現場でも、その微妙な差異に反応できたということみたいです。

 

人間ディープラーニングです。

 

やっぱ、なんでも、曖昧のままで流すのはよくないということを再認識しました。

 

人間の脳って偉大ですよ。やっぱり。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

”経験者お断り!”って採用募集があってもいいよね