アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

痴漢冤罪はシャレにならない!ラッシュ時に男性専用車両をつくってください。

痴漢冤罪保険の申し込みが急増してるとか。


うん、申し込む人の気持ちはめちゃくちゃわかります。

 

ホント、朝のラッシュ時は気を使うんですよ。

 

満員電車の女性の近くはリスクが満載ですから。

 

自分ひとりで気をつけててもどうしようもない時ありますからね。

 

ラッシュ時に乗車客が多い駅で、どっと乗り込んでくる人の圧力はすごいです。

 

一応、女性の近くに押し込まれないように、押し込まれた時に力のかかる方向とかを計算しながら、乗るときの位置取りとか結構考えて乗るようにはしてます。

 

車両の中に女性の比率が高いと、リスクも増えるので、並んでいるときの行列に女性が多い時は、そこを避けて、男性の多い列にならぶとかまでしてるんです。

 

とはいえ、どっと乗ってこられて押し込まれると、自分の意思と関係なく押し込まれるので、自分の希望する立ち位置にいけなくなる危険をゼロにすることはできません。

 

幸い、今は若干通勤時間をずらしたのが良くて、座っている人の前に立って両手で吊革に掴まれる安全なポジション取りができる程度の混雑状況で出勤できてます。

 

なので、比較的マシです。

 

けど、東京の一部路線みたいに、余裕かましてられない電車で通勤せざるをえなくなったら、自分もその保険を真剣に検討するかもしれません。

 

それほど、やっかいなのですよ。

 

痴漢に限ったことではなく、自分がやっていないことを証明するのは、本当に難しいです。

 

まあ、本物の痴漢がいるのが一番問題なんですけどね。

 

なんですけど、本物の痴漢をゼロにしようって言っても、現実的にはほぼ不可能だから、今こういうことになっているわけなので、自分たちで、そうなるリスクは最小にする努力をする羽目になってるわけですからね。

 

なので、自分は希望するのです。

 

電車もトイレみたいに「男性用」と「女性用」に分けてくれ。

 

これだけです。

 

ラッシュ時だけでもいいです。

 

こうしてくれたら、相当朝のストレスなくなると思います。

 

少なくとも、男性専用車両女性専用車両に乗っていれば、痴漢に間違えられるリスクはほぼゼロにできる・・この安心感は大きいですよ。

 

男性も女性もお互いに。

 

今でも女性専用車両とか一部あるんですから、やるのは比較的簡単じゃないのかな?と思うわけです。

 

男性用、女性用のプレートをつくったり、駅のホームの待合場所を変えたりしないといけなかったりで、駅員さんの手間がかかるかもしれません。

 

でも、今でも時々、痴漢騒ぎがきっかけで列車が遅れたりとかしてるじゃないですか。

 

あの騒ぎにかける手間を考えると、許容範囲だと思うんですよね。

 

まあ、どうしても男女で一緒に乗りたいと言い張る人もいるかもしれません。

 

それなら、「男性車両」「女性車両」に一部だけ「相乗車両」と作ればいいと思います。

 

この「相乗車両」って,意外とカップル車両みたいに人気がでるかもしれませんしね。

 

もっとも、「相乗車両」が痴漢さん御用達車両になる恐れもあるわけですけど、そこは車両が絞れるだけ警備もしやすくなるので、たまに警察官におとりで乗ってもらうとか・・どうにかできるでしょ。

 

ほんと、マジでお願いします。

 

電車もトイレみたいに「男性用」と「女性用」に分けてください。

 


その他もろもろの前の記事

IOTとか・・、本当にこのまま、突き進んでいっていいのかな。